« 第54回紙の上をめぐる旅 | トップページ | マトリョーシカと日露美術工芸研究会 »

2020年8月21日 (金)

長期休暇をいかにすごすべきか

Photo_20200821112002

 

今年のお盆休みは、怒涛の9連休だった。

世間を騒がしているコロナ患者の増加と政府の「GOTOキャンペーン」の狭間で心は揺れて、結局は安易の浜辺に流れて着いた。

親からは帰省しなくてもいいと、お墨付きの言葉も後押しをして。

そうなると、9連休の期間、どこにも出かけず過ごすとことになる。

何かしら目標を立てないことには、暑さにかまけて昼間から缶ビールを開けることになりかねない。

9連休の間、吞み続けていたら、さすがに肝臓が悲鳴を上げるだろうし、そのまま社会復帰ができなくなるにちがいない。

怠惰の神様は、つねに私の背後にいて、無作為に過ごせと、誘惑の言葉を耳元で囁いているのだ。

 

そこで、この9連休をポスト定年後と考えて、人生の黄昏時をいかに有意義に過ごすことの前哨戦と位置づけしたのである。

サラリーマン川柳や嘲笑ネタとしてあるような、定年後のオヤジが目的もなく、一日中テレビを観ながら愚痴を言っているような醜態は晒したくないし、我が家の粗大ごみと言われたくもない。

現実問題として我が町でも、邪魔者扱いされて家に居辛いのか、公園のベンチに座って、鳩の群れをぼんやりと眺めている御老人を見かける。きっと満足な小遣いさえ与えられていないのだろう。

企業戦士と言われた男の末路を見ているようで心が痛む反面、明日は我が身かと怯えてしまうのである。

いろいろと考えた末、以下の三点を目標とした次第。

 

Photo_20200821112003

一点目は、一日最低、10キロはランニングする。

緊急事態宣言が発令された後、エントリーしていたマラソン大会がすべて中止となり、その通知が届くたびに心が折れて、この3か月間はランニングシューズさえ履くことがなかった。

身体というのは精神とはちがって正直につくられていて、みるみるうちに体重は増え、体脂肪率はK点を超え、腹回りが膨張した。

定期健診では、要注意の赤線を何本も引かれた。

身体のバカ正直さに驚愕である。

コロナが蔓延としようがしまいが、ランニングを再開しなければ、月が満ちていくように丸くなっていくだろう。

 

二点目は、絵を一日一枚描く。

これは自粛ムードが高まるなか、何かしら心を和ませるものを皆様に届けたいと、INSTAGRAMにカエルの絵を毎日アップしたのがきっかけ。もう百日を超えた。

一日一絵と題してアップするのは、芸術には門外漢だった私にはハードルが高いが、始めると新鮮な喜びがあって自分自身が愉しんでいる。

上手下手を考えたり、表現に悩んだりしなければ、絵を描くことほど愉しいものはない。

すべての人に芸術をと推奨したいぐらいである。

 

三点目は、断捨離。

今回、一日家に居て愕然としたのだが、家じゅうにCDと本が積みあがっていて、居住空間を圧迫している。

地震があったら崩れ落ちてくるのは一目瞭然で、自身も何がどこに置いてあるのか把握していない状態。

同じタイトルのCDをあちらこちらに見かけるのも、痴呆化が進んでいるようで悩ましい。

 

さてこの三つの目標、別の言葉で表すと、塩辛いオヤジにならないための三原則「怠惰にならず、言い訳をせず、他人のせいにしない」は、果たして達成できたのか。

 

Photo_20200821112001

一点目は、トータル40キロ程度で終了。

陽が暮れても暑いとか、これからゲリラ豪雨が来るそうだと、言い訳を見つけては、ランニングシューズを靴箱にしまっていたので、完全に三原則を侵していた。

あらゆる言い訳を駆使して、解釈を捻じ曲げてでもランニングをしなかった態度は、核兵器に対する政府の態度と同じで、畜生にも劣る。

ここは純粋に反省すべき点である。

 

二点目は、無事に9枚は描いたので、達成を喜びたいところだが、絵を描くことが興に乗ったことを、ランニングしない言い訳にも使われたので、喜びは半減。

芸術は純粋な心で臨みたいものである。

 

三点目は、誰もが思い当たる節があると思うが、手にとった本やCDが懐かしくなって、じっくりと再読したり、もう一度CDプレーヤーに載せたりと、一向に片付けが進まなくなり、結局は前と変わらないまま。

右にあったものが左に移動し、左にあったものが右に納まったという図式。

片付けの真の敵とは、ものにたいする懐かしい気持ちであると、この場を借りて改めて言いたい。

というわけで、CDと本の山脈はかたちを変えて存在し、大惨事が起きることを、手ぐすねを引いて待っている。

就寝中に大地震が起これば、私は古本というの名の瓦礫に埋もれて、生涯を閉じることになるだろう。

現実的な問題として、ランニングよりも、絵を描くことよりも、最初に取り組まなければならないことではあるが。

 

こうしてポスト定年後を想定した9連休は、不完全燃焼のまま幕を閉じたのである。

合掌。

 

(店主YUZOO)

 

 

 

8月 21, 2020 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く