« 2020年7月 | トップページ

2020年8月31日 (月)

マトリョーシカと日露美術工芸研究会

Photo_20200831102101

 

先日、慶應大学のK教授が中心となって発足した「マトリョーシカと日露美術工芸研究会」の第一回討論会が開催された。

コロナ蔓延のご時勢と今のトレンドに合わせて、ZOOMによるオンライン討論会である。

参加されたのは日露工芸について研究されている大家が多く、私のようにロシア語はろくに話せず、勉学に励むことなくオヤジになってしまった人間とは、まったく正反対の経歴を持った立派な人ばかり。

そんな敷居の高い研究会に参加することさえ、ふつうの心臓をお持ちの人ならば憚られるのだが、私の心臓には毛が生えているし、関東ローム層にも似た厚顔でもある。

嬉々として参加したのである。

 

 

第一回目なので、K教授の「マトリョーシカ日本起源説をめぐって」をという基調講演がメインで、その後に討論会という流れ。

「マトリョーシカ日本起源説」というのは、19世紀末にロシアの宣教師が、箱根で売られていた七福神の入れ子人形を祖国に持ち帰り(ロシア語でフクルマと呼ばれている人形)、それを元にして最初のマトリョーシカが制作されたという説が、一般的に流布していて、デザイン画はマリューチン、木工轆轤をひいたのはスビョードズキン、というところまで知られている。

しかしそれが事実なのかを、K教授が長年にわたってフィールドワークで採取した写真や文献などを元に、絵巻物を見ているかのように語ってくれる。

K教授のフィールドワーク対するフットワークの軽さ、文献や資料を追い求める貪欲な姿勢に驚嘆するばかり。

 

 

 

謎解き的な面白さ、埋もれた歴史の浪漫も手伝って、マトリョーシカ誕生までのベールが一枚、一枚とはがされていく。

結論から言ってしまうと、マトリョーシカが日本の入れ子人形がルーツという説に確かな証拠はなく、藪の中のままである。

しかも調査すればするほど、藪の繁みは深くなる。

しかし多くの森を要している日露ならではの木工芸文化の奥深さも感じ、木工技術の高さに頷き、そこに共通する技術があることに眼を瞠る。 

Pa020057

 

興味深かったのは、七福神の入れ子人形が売られていたといわれる箱根についての推考。

箱根の塔ノ沢に、ロシア正教会の研修をかねた避暑施設があり、そこに有力な手掛かりがあるのではと推理したK教授、もといK探偵。

その裏づけをとるために、中村健之介訳『宣教師ニコライの日記(全9巻)』(教文館)の箱根に関する記事を探したという。

これは40年に渡り、日本で布教活動をした宣教師ニコライが日々の雑事やロシア正教への思いをつづったもの。

だいたい日記なんて、私的なことを書くのが主だから、よほどの情熱がなければ、たとえ拾い読みにしたって9冊に眼を通すのは、苦痛以外に何物でもない。

残念ながら、この労作に有力な手掛かりがなかったのだが、参加者から七福神の入れ子人形は、東北でも制作されていたという報告。

 

276

それに箱根では、卵が入れ子になった「十二卵」というのが、江戸の頃から人気の土産物として知られている。入れ子ではあるが、人形ではない。

北海道から布教活動を始めた宣教師ニコライは、布教のルーツは東北にある。実際に、今でも東北にはロシア正教会が残っており、熱心な信者が多くいる。

東北の教会に派遣された宣教師が、赴任期間を終えて、土産物として持ち帰ったのではと、何の根拠もないが、七福神の入れ子人形は東北の可能性もあると、頭をよぎった。

何しろ、現在一般的に知られているマトリョーシカは箱根の入れ子人形という説は、決定的な証拠のない俗説なのである。

その後の討論会では、貴重な明治時代につくられた七福神の入れ子人形の写真、木工轆轤の変貌、マトリョーシカの底から歴史を読み解くなど、識者が手持ちの資料を掲げて説明しては、それぞれが見解を述べていく。

 

 

私みたいな薄学者は、膝を叩いて感心するばかりで、ひと言も発することができない。

マトリョーシカのルーツを探ることは、木工技術、日露関係、時代背景など、様々な角度から推論して決定的な資料をみつけて、外堀から徐々に埋めて結論に至らなければならない、地道な作業なのである。

ぐに明白になる史実には、歴史的な浪漫はない。

 

 

マトリョーシカが箱根の入れ子人形がルーツであろうがなかろうが、実際のところはどうでも良いというのが、今回の参加した人の大方の意見。

マトリョーシカが生まれた頃の19世紀末のロシアと日本の工芸文化が、どう交わっていたのかを少しでも感じるだけでも、滔々と流れる歴史の豊かさを知ることになる。

それが研究の愉しみなのじゃないのだろうか。

 

 

(店主YUZOO)

 

 

 

8月 31, 2020 店主のつぶやき | | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

長期休暇をいかにすごすべきか

Photo_20200821112002

 

今年のお盆休みは、怒涛の9連休だった。

世間を騒がしているコロナ患者の増加と政府の「GOTOキャンペーン」の狭間で心は揺れて、結局は安易の浜辺に流れて着いた。

親からは帰省しなくてもいいと、お墨付きの言葉も後押しをして。

そうなると、9連休の期間、どこにも出かけず過ごすとことになる。

何かしら目標を立てないことには、暑さにかまけて昼間から缶ビールを開けることになりかねない。

9連休の間、吞み続けていたら、さすがに肝臓が悲鳴を上げるだろうし、そのまま社会復帰ができなくなるにちがいない。

怠惰の神様は、つねに私の背後にいて、無作為に過ごせと、誘惑の言葉を耳元で囁いているのだ。

 

そこで、この9連休をポスト定年後と考えて、人生の黄昏時をいかに有意義に過ごすことの前哨戦と位置づけしたのである。

サラリーマン川柳や嘲笑ネタとしてあるような、定年後のオヤジが目的もなく、一日中テレビを観ながら愚痴を言っているような醜態は晒したくないし、我が家の粗大ごみと言われたくもない。

現実問題として我が町でも、邪魔者扱いされて家に居辛いのか、公園のベンチに座って、鳩の群れをぼんやりと眺めている御老人を見かける。きっと満足な小遣いさえ与えられていないのだろう。

企業戦士と言われた男の末路を見ているようで心が痛む反面、明日は我が身かと怯えてしまうのである。

いろいろと考えた末、以下の三点を目標とした次第。

 

Photo_20200821112003

一点目は、一日最低、10キロはランニングする。

緊急事態宣言が発令された後、エントリーしていたマラソン大会がすべて中止となり、その通知が届くたびに心が折れて、この3か月間はランニングシューズさえ履くことがなかった。

身体というのは精神とはちがって正直につくられていて、みるみるうちに体重は増え、体脂肪率はK点を超え、腹回りが膨張した。

定期健診では、要注意の赤線を何本も引かれた。

身体のバカ正直さに驚愕である。

コロナが蔓延としようがしまいが、ランニングを再開しなければ、月が満ちていくように丸くなっていくだろう。

 

二点目は、絵を一日一枚描く。

これは自粛ムードが高まるなか、何かしら心を和ませるものを皆様に届けたいと、INSTAGRAMにカエルの絵を毎日アップしたのがきっかけ。もう百日を超えた。

一日一絵と題してアップするのは、芸術には門外漢だった私にはハードルが高いが、始めると新鮮な喜びがあって自分自身が愉しんでいる。

上手下手を考えたり、表現に悩んだりしなければ、絵を描くことほど愉しいものはない。

すべての人に芸術をと推奨したいぐらいである。

 

三点目は、断捨離。

今回、一日家に居て愕然としたのだが、家じゅうにCDと本が積みあがっていて、居住空間を圧迫している。

地震があったら崩れ落ちてくるのは一目瞭然で、自身も何がどこに置いてあるのか把握していない状態。

同じタイトルのCDをあちらこちらに見かけるのも、痴呆化が進んでいるようで悩ましい。

 

さてこの三つの目標、別の言葉で表すと、塩辛いオヤジにならないための三原則「怠惰にならず、言い訳をせず、他人のせいにしない」は、果たして達成できたのか。

 

Photo_20200821112001

一点目は、トータル40キロ程度で終了。

陽が暮れても暑いとか、これからゲリラ豪雨が来るそうだと、言い訳を見つけては、ランニングシューズを靴箱にしまっていたので、完全に三原則を侵していた。

あらゆる言い訳を駆使して、解釈を捻じ曲げてでもランニングをしなかった態度は、核兵器に対する政府の態度と同じで、畜生にも劣る。

ここは純粋に反省すべき点である。

 

二点目は、無事に9枚は描いたので、達成を喜びたいところだが、絵を描くことが興に乗ったことを、ランニングしない言い訳にも使われたので、喜びは半減。

芸術は純粋な心で臨みたいものである。

 

三点目は、誰もが思い当たる節があると思うが、手にとった本やCDが懐かしくなって、じっくりと再読したり、もう一度CDプレーヤーに載せたりと、一向に片付けが進まなくなり、結局は前と変わらないまま。

右にあったものが左に移動し、左にあったものが右に納まったという図式。

片付けの真の敵とは、ものにたいする懐かしい気持ちであると、この場を借りて改めて言いたい。

というわけで、CDと本の山脈はかたちを変えて存在し、大惨事が起きることを、手ぐすねを引いて待っている。

就寝中に大地震が起これば、私は古本というの名の瓦礫に埋もれて、生涯を閉じることになるだろう。

現実的な問題として、ランニングよりも、絵を描くことよりも、最初に取り組まなければならないことではあるが。

 

こうしてポスト定年後を想定した9連休は、不完全燃焼のまま幕を閉じたのである。

合掌。

 

(店主YUZOO)

 

 

 

8月 21, 2020 店主のつぶやき | | コメント (0)