« 木の香便り | トップページ | 木の香、再開しました! »

2020年5月28日 (木)

木の香便り

2012-111

先日、再アップしたパレフの写真が好評だったので、本日はウラジミールの寺院群を掲載しようと思いたちました。

そのくらいのことをしないと、今年はロシアに行けないという、このやりきれない気持ちを抑えることができません。

ウラジミールといえば、ロシア旅行では「黄金の輪」といわれる古都のひとつで、近くの町スズダリとともに、聖堂の美しさから1992年にユネスコ世界遺産に登録された、必ずや訪れたい町の筆頭。

「黄金の輪」を巡らずにロシアを語ることなかれというぐらいですから。

そのくらい美しい町ですな。

とくに快晴の日に訪れたら、寺院の白亜の壁が空の青さに映えて、極楽浄土が眼の前に広がっているような、ふわっとした気分になります。

 

2012-077

 

モスクワから電車で3時間。

約200キロ離れているので、日帰りで行くよりは、一泊してゆっくりと寺院群を巡ってみたいもの。

 

ツアーガイドのように語っていますが、私自身は残念ながら、セミョーノフに向かう途中にウラジミールがあるので、一度も長く滞在したことはない。

2時間もいれば良いほうで、せかせかと寺院を回って写真を撮ったぐらい思い出しかありません。

典型的な日本人の旅行パターンなのでございます。

2012-076

このような靴の上から足を掻くような思いをしているせいか、仕事が一段落ついたら、ウラジミールとスズダリは何泊かして、ゆっくりと町の美しさを愉しみたいという淡い願望があるのですがね。

いつになることやら。

2012-083

Dscn1395

 

現在はコロナウイルスのおかげで海外渡航が禁止されていますが、ぜひ解禁になったら「黄金の輪」を巡ってください。

秋頃に旅行に行けるようになりましたら、ぜひロシア旅行を計画してください。

ロシアが一番美しい季節を堪能できると思います。

 

それまではお互いに辛抱ですな。

(店主YUZOO)

5月 28, 2020 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く