« 木の香便り | トップページ | 木の香便り »

2020年5月 8日 (金)

木の香便り

Photo_20200508085401

 

ステイホームが長引くと、人々がいろいろなことを企画して、少しでもこの憂さを晴らそうと考えるようです。

最近、自分のところに回ってきたのは、ブックカバーチャレンジというもの。

自分のお気に入りやこたわりの装丁を施された本を紹介するという企画。

本の内容について書くのはNGなのが潔くてよい。

純粋に装丁を楽しんだり、友人のお気に入りに眼を細めたりしている。

それを7日間続けて終了。

ちよっと期間が短い気もするが、美味しいものは多くいらない理論から言えば、そのぐらいが良いのだろう。

 

私は、表紙が印象的な本をまとめて紹介。

1日目 チャールズ・ブコウスキーの諸作(ブコウスキーの飲んだくれ、すけべ爺の写真が強烈)

2日目 リチャード・プローディガンの諸作(POPでありながら、ちょっと感傷的な写真)

3日目 ロシアとベトナムのポスター画集(ロシアン・アヴァンギャルドの赤が美しい)

4日目 色川武大「離婚」、「恐婚」(昭和によく見られた線描に水彩で色付けしたイラストが懐かしい)

5日目 米原万里の諸作(マトリョーシカや工芸品のイラストが、ロシア好きにはツボ)

6日目 「こけし時代」(沼田元氣さんのこけし愛に満ちた編集がたまらない)

 

残り1日。

最後は何を紹介しようか、今から迷っている次第。 

※自分のFacebookにて紹介しています。いずれ、このブログでアップしますね。

 

(店主YUZOO)

5月 8, 2020 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く