« 2019年11月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月28日 (金)

ウラジオストック慕情(上)

Photo_20200227165301

 

5年前にウラジオストックに行った時の話を少しばかり。

当時は成田空港の最終便に近い出発時刻、2時間半だけ機上の人になり、夜中に到着といったスケジュールだった。

当然ながら、夜間に空港に到着するので、市街地に行く交通手段はなく、タクシーを手配するしかない。

しかもアジアの空港みたいに老若男女が入り乱れ、白タクシーの手配師、怪しげな物売り、片言の日本語、愛想の良い担ぎ屋、脂でムンした匂い、飛び交う怒号などなく、静寂に満ちていて、ローカル線の無人駅に佇んだような気分だった。

空港は混沌としたほうが旅人は安心する。

 

一緒に行った旅友チェリパシカ氏が、前もって友達のローマさんに迎えに来てくれるように頼んでいたので事なきを得たが、この便に同乗していたバックパッカーの何人かは、がらんとした到着ロビーを見て茫然とするしかなく、仕方なくベンチに横になると、翌朝に列車が動き出すまで待つしかなかった。

空港は市街地からかなり離れていて、1時間ぐらいかかったと思う。

ホテルのチェックインを済ませて、何か食べようと街へ繰り出してみたものの、空いているのはバーやカフェばかりで、テーブル席に陣取っているのは、ウラジオストックから飛び出して都会で働き口を求めたい若い男女か、今宵客をとることのできなかった娼婦が退屈しのぎに煙草の煙をくゆらせている姿だった。

 

ロシアは広い。

モスクワのような喧噪もあれば、スズダリやセルギエフ・パッサードみたいな静寂もある。

ウラジオストックの印象は、打ちひしがれた寂しき港町と、ビールの定番、バルチカを飲みながら思った。

 

Photo_20200227165901

次の日は土曜日だったので、郊外で開催されている蚤の市へと足を運んだ。

私の場合、旅行の愉しみは、市場をぶらぶらと冷やかしながら巡ること。

整然とした博物館のような市場よりも、得体のしれない物や食材が雑多に並んでいるほうが、胸がざわめき、私の性に合っている。

ウラジオストックの蚤の市は、公民館をつかった小規模な市場で、古着や食器を中心に、ロシアならではの壊れたドアノブ、錆びついた工具や鉄板、湿気を含んだ古本などが並んでいた。

ただモスクワのように公園全体が市場になっているような規模ではない。

腰をおろし丁寧に一品ずつ手に取ってみたが、2時間もあれば終えてしまう。

しかしタイヤが外れたミニカーなんて、誰がすき好んで買うのだろうか。

 

ちなみに古いマトリョーシカを探したのだが、工芸品と呼べるものは一切ない。

生活雑貨が中心なので、掘り出し物を目当てに足を運んでも徒労に終わるだけなので、無理にお勧めはしない。

つまり何も買うものがない。

K

 

少し落胆気味の私を気遣って、ローマさんがウラジオストックを一望できる鷹ノ巣展望台に行こうという。

ガイドブックでも紹介されているので、讃岐の金刀比羅宮、長崎の稲佐山、函館の展望台のような立ち位置なのだろう。

展望台に向かう車が何台も列をなしている。

この車の行列、展望台に到着してからわかったのだが、結婚式を祝う参列者が同乗していた。

市内の有名スポットで記念写真を撮影してから、ゴーリカ、ゴーリカと囃し立てキスを促すと、新郎新婦の熱い抱擁とキス、トランクに山と積んだ酒類をラッパ飲みして、次のスポットへ移動というロシア式披露宴に鉢合わせ。

ご機嫌になった参列者のひとりが私たちのところに来て、ビールを片手に一緒に祝ってくれと言う。

 

「ゴーリカ!!ゴーリカ!!」

苦い、苦いという意味で、ふたりの熱いキスでこの苦い世界を甘い色に変えてくれよという、結婚式での定番の言葉。

日の出る国からやって来た私である。

世界を愛で満たすことなど、千羽鶴を折るより簡単である。

 

酒の力で陽気なロシアの人々と一緒にゴーリカ、ゴーリカと歌うように囃し立てた。

にこやかに微笑みキスを交わす若いふたり。

愛なき世界は、ピーター&ゴードンの歌だけで十分である。

ただ残念なことに、天候に恵まれず霧が立ち込めていて、金帯橋をバックにした絶景でのスナップにはならなかった。

余計なお世話だが、ふたりの前途が危ぶまれた。

 

 

※晴れた日の金帯橋のスナップは近畿ツーリストのHPより転用

(店主YUZOO)

 

 

 

2月 28, 2020 店主のつぶやき | | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

ウラジオストック便が新規就航

Photo_20200225111901

 

いよいよ、日本の二大航空会社がウラジオストック便を新設する。

JAL228日からANA329日から就航予定。近く遠い国だったロシアが、韓国やグアムに行くような感覚で、身近な観光地へと変貌するはずだ。

各旅行会社は、もっとも近いヨーロッパとしてウラジオストックの魅力を息も荒く伝えているが、さもありなん。

私は5年程前に、ウラジオストックを訪れたことがあるが、ヨーロッパ風の街並みと港町ならではの人情味あふれた雰囲気があり、アジアにはない魅力が点在し、こんな近くにあるのかと瞠目したものだった。

 

長い間、ウラジオストックは極東地区の軍事拠点であり、軍港であったため、ソビエト時代から最近までは、外国人が訪れることが制限され、それどころかロシア市民でさえ立ち入ることができない場所や施設が多数存在していた、赤いベールに包まれた街だった。

それが冷戦終結後に、徐々にベールが取り除かれて、白日のもとに晒されるようになった。さらにウラジオストックが世界に知られるようになったのは、2012年にAPECの会場になったことだろう。

ウラジオストック住む友人が話すには、APEC会場に決定した途端に、寂れた港町が日を追うごとに、着々と道路や鉄道が整備され、目玉となる世界最大の橋、ルースキー島連絡橋がつくられ、日本からの中古車貿易ぐらいでしか賑わいがなかった街が変貌するのを、目を白黒させながら見守っていたと言う。

国の威信をかけた桁違いの事業規模に度肝を抜かれたわけである。

 

Photo_20200225112001

 

APEC閉会後は、せっかくインフラや施設を整備したのに、このまま時の流れに身を任せて廃れさせては大きな損失だと考えたのだろうか、観光地として新たな魅力を発信しようと方針を打ち出した。

私が訪れたときは、その準備段階だったようで、ヨーロッパの街並みを満喫できるショッピング通り「アドミラーラ・フォーキナー通り」は道にレンガを並べていたし、マリンスキー劇場は鉄骨を組んでいた。

完成前の豊洲市場を見学に行くようなものである。

 

しかしネットで見る限り、それらはすべて完成して、観光客を受け入れる体制が十分に整っている。

しかもウラジオストックにかぎり、ロシア大使館に行ってビザ申請をする煩わしさはなく、ネットで簡単に取得できるのである。

新規路線の就航は満を持しての開設と言えよう。

何せ2時間半ぐらいで着いてしまうのである。

沖縄に行くのと変わらない。

 

Photo_20200225112002

 

個人的には、これを機会に少しでもロシアの魅力を感じとってもらい、無口で怖いというロシア人のイメージが払拭されて、相互理解のきっかけになればと願っています。

 

マトリョーシカを愛する人たちへ。

残念ながら、工芸品を扱っている店は少ないけれども、気軽にロシアを体感、視感、食することができます。それにまだまだ不安定な日露関係なので、いつ就航がなくなるかもしれませんし、相互に訪れる人が少なければ、利益優先の世の中ゆえ、減便されるかもしれません。

春から秋にかけてのロシアは、日本の四季とはちがった魅力があります。

ぜひウラジオストックを次の旅行に選んでください。

 

次回は5年前に訪れたウラジオストックのことを書きます。

(だいぶ記憶海馬が壊れた私だけれども)

 

(店主YUZOO)

 

 

 

2月 25, 2020 店主のつぶやき | | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

赤羽昼吞み・雑考

Photo_20200219103301

 

ハーフマラソンで良い汗をかいたあとは、昼吞みの聖地、赤羽一番街を探索。

「まるます家」、「丸健水産」、「いこい」といった人気店は、すでに常連客や同じ志を抱いたランナーで埋まっている。

私のタイムがあと10分早ければ、いずれかの席を確保できたかと思うが、逆さにふっても席はない。

零れたミルクを嘆いても仕方がないと、中学英語で覚えた諺を諳んじてみる。

赤羽一番街でもDグループなのだと言い聞かせて、とにかく空いている店を探す。

どこを見ても満席。足元を見ると鮮やかな色彩のランニングシューズ、嬉々とした貌でビールジョッキを手にして喉を鳴らすスポーツウェアばかり。

赤羽ハーフマラソンは地域経済活性化に、多大なる貢献をしているのではあるまいか。

2_20200219103402

 

昭和30年代は高度成長期を支えた労働者の胃袋を満たし、現在は昭和を懐かしむベテラン吞酒家と昭和スタイルの酒場が斬新に映る若い男女によって繁栄している。

そして今日は、ランナーたちが力走したあとの一杯を、パイプ椅子や止まり木に腰を下ろして、饒舌にレースを語る。

昼を理由に後ろめたい気分にもなることもない。

吞兵衛の聖地赤羽ならではの懐の深さであろう。泥酔と管さえ巻かなければ、優しく迎え入れてくれる。

赤羽が早朝から呑み屋がオープンしているのは、日本が活力に満ち溢れていた時代、この辺りは二交代勤務の会社が多く、夜勤明けの労働者が食事とその日の自分への慰労を込めて、朝のイッパイを愉しんでいたのがルーツだと言われている。

よくよく目を凝らして脂で煤けた壁を見ると、「ハシゴ酒お断り」、「お酒は三杯まで」といった貼り紙がある。

だから千円札を1枚カウンターに置いて、長尻はせず、数点のツマミとお銚子を一本というのが赤羽の流儀。

千ベロというのは、千円でベロベロに酔えるという意味よりも、そのくらいのお金でやんわりと酔って家路に着きなさいというのが本来の解釈で、一度を呑み始めたら安さに乗じて、椅子に根を生やしてしまうような不粋な呑み方は受け付けない、労働貴族が集う町なのである。

今回、片っ端から暖簾をくぐって、ひと席空いていたのが、下町に何店か展開している「紅トン」。

赤羽ならではの店ではないが、ホルモン焼き好きにとっては、浅草橋の「西口やきとん」にも通じるクォリティで、チェーン店といっても、どの店も外れはない。

2_20200219103401

 

私が思う良い店とは、焼きトンを絶妙な柔らかさを残して焼いていること、ポテトサラダが上手いこと、ホッピーがあることの3点に尽きる。

とくに焼き物は看板を掲げているだけに、焼き過ぎで、炭化して硬くなった肉を出す店は、勘弁被りたい。

豚肉だから中まで火を通さないといけないと思う気持ちはわかるが、新鮮な肉を仕入れることに尽力し、ジューシーさを残したまま焼く技術を身に着けることは、焼き師の最低条件である。

それと原価意識が強いあまり、小豆大の肉が串にからまっているようなケチ臭いのが出てくると、もうこの店の暖簾をくぐることはないだろうと、腹をくくってしまう。

ごろりとした肉がついた串を提供するのが店に、自然と呑兵衛たちの足は向く。

 

ポテトサラダは業務系のスーパーマーケットの徳用サイズを、皿に盛って出しているようでは駄目である。

もつ煮込みは店内でつくる店は多いけれども、ポテトサラダまで手が回らないのが実情ではなかろうか。

しかしポテトサラダは懐かしい母の味であり、胃袋の記憶である。

 

最後に下町でホルモン焼き屋を名乗るのならば、ホッピーがメニューにあるのは当然のこと。

最近は最初から割ったものを提供する店も見受けられるが、こちらも論外。

呑兵衛はその日の気分に合わせて、自分なりの濃さに割って、ナカとソトを注文するのである。

酔い痴れたいときは、1本のソトに対して、ナカを4から5回頼めば、リーズナブルに酒の川に飛び込むことができる。

 

さぁ、赤羽ハーフマラソンの完走祝賀会を始めようか。

赤羽スタイルを守り千円程度で、さらりと切り上げることができるか、心許ないが。

まずはビールで乾杯。

 

(店主YUZOO)

2月 21, 2020 店主のつぶやき | | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

草臥れオヤジの疾走記 ~赤羽ハーフマラソン~(下)

9370d60f030e4d6c8aa5bde304adfc0e


さてマラソンをしているときに何を考えているのかと訊かれることがあるが、私の場合は自分より若干早いランナーを探して、その人をペースメーカーにしようと、始終あちらこちらに視線を向けている。

ただ漠然と走っていると、元来の怠け者の性格が沸き上がってきて、次の給水所が来たら10分ていど休もう、今日は昨日の酒が残っているから10キロ地点でリタイアだなと、怠惰の渦潮に自ら巻き込まれてしまうからである。

さらにリタイアした自分を今日は良くやったと励まして、祝杯をあげたり、自分へのご褒美を買ったりと、自身に対して絶対的な優しさを併せ持っている。

負けず嫌いの要素はひとつもない、本来ならばスポーツには向かない性格である。


今回は3キロを過ぎたところで、理想的なフォームで颯爽と走るうら若き女性ランナーを発見した。

普段ならば自分と同じぐらいの年齢の草臥れランナーを、ペースメーカーに選ぶのだが、流れるようなストライドとあまりにも美しいフォームなので、わずかの時間でもついていければ、自己ベストが出るのではと思い追走。

きっと彼女は仕事をテキパキとこなして定時に終わり、その後はジムでひと汗流して、夕飯は控えめに、温めの風呂で一日の疲れを癒す生活を過ごしているのだろう。

すらりと伸びた背中が、そう語っている。

私のように背中を丸めて過ごしているわけではない。

1月というのに南から穏やかな風が吹き、彼女の髪がさらさらとなびいている。


75f0291c60d24f81ae0693c49457f624

至福の時間。

このまま彼女と共にゴールできれば自己ベストは間違いなしと思ったところで、上り坂で急激にベースダウン。

折り返し地点で、愛しの彼女は彼方へと去ってしまった。

こうなると内なる自分との戦いになる。

ハーフマラソンとはいっても18キロ付近になると、オーバーペースで走っていたランナーがリタイアしてコースの端を歩き、果ては座りこんでいる姿が、多く見受けられるようになる。

とくに給水所で立ち止まり、喉元を鳴らして水を飲むランナーが眼に入ると、いたたまれなくなる。


これは悪魔の誘惑である。

もう頑張らなくても良いよと告げる、天使の囁きである。

すぐにでも心が折れそうな中、まだ見えぬゴールを目指し、愛しの彼女に再び会えることを夢見て、ひたすら歩を進めていく。

やがてスタート地点が彼方に見えて、ヨロヨロとした足取りでゴールイン。


222c4e954b504664ada231ffec4570d7

ツカレタ。

時計を見ると、前半に彼女に導かれたおかげで、自己ベストを更新することができた。

もちろん彼女はどこにもいない。

空を見上げたあとに、頭垂深謝。さらに多謝。

ただ一緒に参加した仲間は、私よりも10分以上も早いタイムを叩き出していて、お互いの労をねぎらっている。

ゴール後何分も経っても呼吸が乱れた自分を思うと、まだまだ精進が必要なことを実感。ただ1年前はハーフマラソンを完走するのも危うい実力しかなかったことを思うと、歩くことなく走りきれるまで成長したことに、自分をほめてやりたいし、もう焼きトンの肉汁で口の中が涎で満ちている。

やはり本質的にハードルの低い性格。

自身の殻を破るために、日々精進することを主としていないようだ。


(店主YUZOO)


♫写真は本文とあまり関係はありません。

2月 19, 2020 店主のつぶやき | | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

草臥れオヤジの疾走記 ~赤羽ハーフマラソン(上)

E7c012ae00614ea79fd307749eb2f4b6

 

119日、真冬とは思えない小春日和の赤羽。

荒川河川敷で開催される赤羽ハーフマラソンに参加した。

新年早々にマラソン大会に参加するとは、どれだけ殊勝な心持なのか、現代風に言うのならば意識高い系なのかと、訝しがる方が多いと思うが、それは本意ではない。

 

 

場所は千ベロの聖地、赤羽である。

昼から酒を煽っても、文句ひとつ言われない、酔漢たちの桃源郷である。

新年、マラソンで清々しい汗をかいたあとに、安酒と焼きトンに溺れようという目論見で、早々に応募したのである。

不健康なことを愉しむためには、健康な身体でなければならないと言ったのは、忌野清志郎だろうか。

つまり安酒に溺れるにしても、それなりの体力がないと美しく酒の水面に沈むことができない。

 

 

この企画に賛同して集まった仲間は、マラソン歴10年以上の強者のふたり。

酒の量もさることながら、新年早々に自己ベストを狙うことにも主眼を置いて、会場に到着するやストレッチを始めている。

やはりアスリートなる者、大会会場は主戦場と思わなければ、好タイムは望めない。軽やかにジョギングを繰り返すふたりを見て、安酒と焼きトンばかり思い浮かべていたことに反省しつつも、頭のなかで焼きトンの煙が消えていかず、グランドに座り込んでボケっとしている。

愚者は微動だにしない。微動だにしないから愚者である。

4f0048eed52a416db0c77d70cd56347a

1130Dグループがスタート。

このDグループについて説明すると、赤羽ハーフマラソンは日本陸連公認なのでウェーブスタートを採用している。

ウェーブスタートとは自己ベストが早いランナーが最初に出走したあと、タイム合わせて順番に4回に分けてスタートする方式。

遅いランナーが早いランナーの行く手の妨げにならないように、またスタート時の混乱で転倒や怪我などを防ぐのが主な理由なのだが、実力主義に基づいた分類でもある。

健康診断でマラソンを始めたのでしょうから、無理をして怪我をしたら元も子もないですよ、というような扱いが、最終スタートのDグループの立ち位置。

陸連公認大会だから出場しただけでも名誉じゃないの、というのが本音かもしれない。

 

 

前日に長雨が降ったせいか、所々に水たまりもあることを除けば、全体的にフラットで走りやすいコース。われらがオマメ組でもスタート時は、アスリート並みに飛ばしていく。

我先にと先を争う様子は、バーゲン会場を目指して疾走するご婦人方のようだ。

もしくは破壊を繰り返すゴジラの魔の手から逃れようと、死に物狂いで駆け出す市民のよう。

 

さすがにハーフマラソン出場が4回目ともなると、このあたりは私も心得ていて、無理に争いに巻き込まれないようにコース取りをして、全体的に落ち着き始める2キロ付近まで、辛抱強く待つ。

ハーフマラソンといえども、それなりの長距離。

まずは自分なりのペースを掴むことが肝心である。

 

(店主YUZOO )

 

 

 

 

 

2月 16, 2020 店主のつぶやき | | コメント (0)