« 2019年10月 | トップページ

2019年11月 5日 (火)

山形まるごと探訪記〜黒沢温泉〜

09a896239d8544edbfbb03f32969b985


マラソン大会が終われば、愉しみは食である。

最初の一杯、自分へのご褒美はどこでいただくかが重要になるのだが、何と言っても、ここは食の宝庫山形県である。

缶ビールで軽く済ますわけにもいかない。

しかも自主的に糖質制限を行なっている以上、その大切な一杯を安易にできない。


そんな私の切ない悩みを考慮してか、S君は山形市近郊にある穴場黒沢温泉に、手際よく手配を済ませていた。

温泉でマラソンの疲れを癒してから、夜の山形に繰り出そうという段取りである。

学生時代はお互いに、他人に気遣いするようなきめ細かな性格ではなかったが、社会の荒波に揉まれて、凹んで、削られてウン十年。

すっかり角はとれて丸くなり、おもてなしの心を育むまでに至った。

成長というより進化である。


62a9d0766ac8450e9a692204a96fb4b4


今回お世話になる温泉宿は、通常は日帰りのお客様は遠慮を願っている格式高い老舗宿と聞き、スーパー銭湯に慣れきった私は一瞬足がすくんだが、S君と長年友人であるオーナーの特別の計らいで、到着するなり早々、大浴場へと案内される。

訊くとオーナーもマラソン愛好者で、走った後に温泉とビールを欲する気持ちは、痛いほどわかるという。

今回のコースの難所やポイントなどを取り交わすところも、マラソン愛好者ならではの会話。


黒沢温泉は、透明な水質で、まったく硫黄臭がしない、弱アルカリ性の泉質。

ありがたいことに、筋肉痛や打ち身などに効き、成人病にも効果があるという。

マラソンの疲れと日頃の不摂生な生活の両方に効く、私のためにあるような身体に優しい温泉である。

長湯してものぼせることのない温度に設定されていて、湯舟のなかで、本日頑張ったヒラメ筋とハムストリングを、十分にマッサージできて実に快適。

極楽と浄土。天空と宇宙。

鼻唄のひとつでも出てしまう。

5450462f209d4113b7eed0bcb1364084


湯上り後は、保湿性に優れているのか、脱衣所で涼んでいても、じんわりと汗が滲み出てくる。

冬場に乾燥肌に悩む人にも、効果があるのではないかと思う。

ぜひ山形を訪れれた際は、黒沢温泉にお立ち寄りを。


そして私を待ち受けていたのは、キンと冷えた生ビール。

喉元を豪快に鳴らして、一気に五臓六腑に流し込むと、乾燥していた身体が、砂地化した土地に水が流れ込むように、一瞬にして潤いが戻ってくる。

「美味い!

思わず唸ってしまう。

「仕事おわりのビールよりも、スポーツ後のほうが、数万倍は美味い!人類が発明した飲み物で、一番はビールではなかろうか?」

S君もご満悦の私をみて、満足そうである。

もてなしの心が自然に根付いてきた。


身体も心もリフレッシュ。

食への戦闘準備が整ったところで、いざ鎌倉へ。もとい山形へ。

今宵は郷土料理と名産、銘酒に闘いを挑むつもりである。

今宵は長い。

勝ってカブトの緒を締めるとしよう。


(店主YUZOO )






11月 5, 2019 店主のつぶやき | | コメント (0)