« 草臥れオヤジの疾走記〜山形まるごとマラソン(中) | トップページ | 山形まるごと探訪記〜黒沢温泉〜 »

2019年10月24日 (木)

草臥れオヤジの疾走記〜山形まるごとマラソン(下)〜

3fa9257252de48afb02443a4fc1f0c71

大会の名が表すとおり、山形県の名所旧跡を巡るコースになっていて、完走すれば、ひと通り山形の良い所を目にできる。

4キロほど進むと、最上家の居城だった山形城跡を抜け、新幹線の跨線橋を駆けあがる。

山形城跡は、現在は霞城公園として整備されていて、雨上がりの爽やかな風が心地よい。

道幅も広くて、傾斜もないので、マラソンには理想的な公園。

私の家の近くにも、こんな公園があればと羨ましく思う。

 

 

さらに進むと、山形市の目抜き通りである七日町へ。

あの有名な花笠祭りのパレードも、この通りで開催されるそうで、声援を送る人の多さもさることながら、私設の給水所が軒を連ねて、ランナーをもてなしてくれる。

水、スポーツドリンクはもちろんのこと、シャインマスカット、和菓子、一口饅頭、山形銘菓ののし梅まであり、朝市のような活気。

一瞬、マラソン大会に出場していることを忘れ、グルメ・スタンプラリーに参加しているのではと勘違いするほど。

 

 

ただ今日はマラソンだけに集中。

食欲に負けて戦闘意欲を失いそうなので、泣く泣く、道の左側へとコースを変えた。

朝バナナの力を信じるしかない。

ただ正面だけを見て走ることにする。

 

Him_a_24_14_h1_0_0291

 

正面は大正5年に建てられた旧県庁舎および県会議事堂で、レンガ造りを基調とした、東京駅に通じるような厳かな佇まい。

国の重要文化財に指定されている。

この時代の建造物は風格があるから、つい見惚れてしまう。

一礼をして先へと急ぐ。

 

Ffb829ff69bb4fcd83f170ea8beaa125

コースは七日町を抜けたものの、沿道の声援が減ることなく、10キロを超えて、いくぶん足の回転が遅くなった私に、絶え間ないパワーを授けてくれる。

そしてS君がレース前に教えてくれた、このコース最大の難関、通称芋煮坂へと出る。

この芋煮坂、急勾配ではないが、2.5キロほどダラダラと続く坂で、順調にタイムを刻んできたランナーは、その長さにいつの間にか闘争心を砕かれ、最終的に平凡な記録に終わってしまうと言う、生活習慣病なような魔の坂。

 

 

S君の言うとおり、1キロほど駆け上がると、ちらほら歩き出したり、立ち止まったり、屈伸したりと、芋煮坂に呑まれたランナーたちを、目にするようになる。

ただ前月の「山梨巨峰の丘マラソン」の激坂の経験が生きたのか、キツさは微塵も感じられず、平坦地に思えるほど。

あれほど苦手だった坂が、ある日を境に楽勝と思えるとは、北極でカンガルーに出会ったような驚きである。

 

9e7bbd51c6554d488325368a854f6308

坂の折り返し地点14キロで時計を見ると、1時間19分。

残りをキロ540秒ぐらいのペースで走れば、2時間切りも夢ではない。

そう思った瞬間、私のなかで何かが弾け飛んだ。

今まで自分が体験したことのないスピードで芋煮坂を駆け下りていく。

前を走るランナーは、私の殺気とも思えるエネルギーの放射を背中に感じたのか、慌てて右側へと避けてくれる。

まるで緊急車輌である。

 

25cfd24acdf545a39e013278ae2bedd2

そのままペースが落ちることなく、1時間55分でゴールイン。

発行してもらった記録証にも、1時間55分。

疲労が慢性化しているオヤジの身体に起こった奇跡である。蜃気楼である。幻覚である。

もしかしたら、明日の朝、ホテルのベッドで笑顔のまま、あちらの世界に旅立っているかもしれない。

いや、もうあちらの世界への旅の途中かもしれぬ。

何が良かったのか。

とにかく気持ちの整理がつかない。

 

 

朝バナナか。山梨巨峰の丘マラソンか。高速バスの遅延か。夕べ食べた孫悟空の水餃子か。

大会でランナーに振舞われる芋煮さえも、心なしか、ほかのランナーより芋が多く入っているように思える。

山形が私を中心に回っている!

 

 

私の身の回りに起こる事象に動揺して、心を落ち着かせるためにベンチに座っていると、S君が清々しい顔で戻ってきた。

2時間39分。

まるで制限時間ギリギリにセットしたように好タイム。

学生時代から有言実行を信条としていた男だけある。

 

A914df8f7cd4467f8cfb9c682995dc07

今宵は山形の酒と肴を満喫できそうである。

闘争心が折れることなく走り切ることができたのは、山形の人々の熱い声援のおかげだろう。

あの声援があったからこそ、錆びついたオヤジの身体に火がつき、新車のように華麗に走ることができた。

 

感謝の上に、また感謝。

山形に足を向けて眠れる訳がない。

 

(店主YUZOO )

 

 

 

 

 

10月 24, 2019 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く