« 草臥れオヤジの疾走記〜巨峰の丘マラソン(前編) | トップページ | 草臥れオヤジの疾走記〜山形まるごとマラソン〜(上) »

2019年9月25日 (水)

草臥れオヤジの疾走記〜巨峰の丘マラソン(後編)

D1b40698bac64e17bc311c2f85af6f26


さすがに日頃の練習の成果があったのか、5キロ、10キロと、多少の坂道でも音をあげることなく、無難に通過できたが、やはり懸念していたとおり陽が昇るにつれ、気温は上昇してきて、汗ばんだウェアがじっとりと背中に張りついてくる。

しかも葡萄畑には、木陰になるような大木や林道があるわけもなく、ジリジリと陽射しが降り注ぎ、不摂生が板についた中年オヤジの体力を奪っていく。



このコース、平坦地がまったくない。

走っているうちに、余程の急坂でもない限り、自分が今、坂を上っているのか、下っているのかさえも、判断がつかなくなる。


2841808e1bfc44b4bae31b4f34a6b45a

やがてコースマップに書いてあった折り返し地点の激坂が、万里の河のごとく立ちはだかる。

この河、右に左にと曲がりくねっているだけに、どこが源流なのか、まったく区別がつかない。

距離の感覚がわからないため、どの程度の脚力を使えば辿り着けるのかと、経験値が乏しいゆえに、足が止まってしまう不安ばかりが増えていく。

まだ道程も半ばなのに、すべての体力を使い果たしてはいけない。


しかし、これもアスリートになるための試練だと決心して、「千里の道も一歩から、千里の道も一歩から」と唱えながらと上っていくうちに、私の憐れなヒラメ筋が、キュウキュウと悲しく鳴き始める。


「この坂道、初心者のあなたには過酷過ぎます。あと10年若ければ上れたでしょうが」


そんなヒラメ筋を宥めたり、叱咤したりを繰り返して、ようやく坂の上までくると、今度はジェットコースターのような急勾配が待ち受ける。

ヒラメ筋が静かになったかと安心すると、今度はゴボウのように痩せた太腿が、か弱い声で、こう祈り始める。


「天にまします我らの父よ。願わくば、この男をこの場所に膝まつかせ給え」


A57ad582c5a34e3bbb68ccc661bf5b61

しかし私にはゴールに辿り着かなければならない理由がある。

義務や正義感はないが、心境は「走れ!メロス」と変わらない。

この地域の風物詩なのか、沿道にたくさんの応援団がいて、そのなかの満面の笑みを浮かべたお爺さんの声援から、残りのコースは身体に優しいなだらかな下り坂だと知る。

それを聞いて、半ばストライキに突入していたヒラメ筋と太腿が機嫌を取り直し、「メロスのためならば、私たちも力添えいたしましょう。元々、我々は一連托生の身の上ですから」と嬉しい言葉をいただく。


走れよメロス!メロスな私!私のメロスよ!直走れ!


そんな鼻唄まじりに長い坂道を駆け下りる至福のときも束の間、運営スタッフが、ここから左廻れと大きな旗を振り、誘導しているのが目に飛び込んでくる。

その目の先には、聳え立つ葡萄の丘。


77e473b563f44a16abb284bddeed7a1a

これは幻覚である。

30℃を超える猛暑のおかげで、蜃気楼を見ているだけである。

富山湾の蜃気楼と同じである。

ブロッケン現象である。逃げ水である。ネス湖のネッシーである。


しかし旗が向けられた先には、確かに長く天国まで続くような坂があり、左右には収穫を待つ葡萄がたわわに実っている。

そんな落胆する私を慮るように、ヒラメ筋も太腿も涙ひとつ見せずに、最後の一歩まで力を尽くしたが、あえなく坂の途中で撃沈。

坂の上まで、とぼとぼと歩くことになる。


632b6d085ffc4d1fa29e45fea4a4f026

あとで知るところには、今年は道路工事の関係で、コースが変更になったということ。

沿道で声援を送ってくれたお爺ちゃんは、何ひとつ間違っていなかった。

ただ私の心の鍛錬が足りなかっただけである。


最後は小刻みに震える両足を、庇うようにしてゴールイン。

55才からのアスリート。

まだまだ夜明けは遠い。


※写真は本文とは、ほぼ関係がありません。


(店主YUZOO )



9月 25, 2019 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く