« 第47回 紙の上を旅をする | トップページ | 第49回 紙の上をめぐる旅 »

2018年11月14日 (水)

第48回 紙の上を旅をする




高野秀行『怪魚ウモッカ格闘記』(集英社文庫)

今回も旅行記である。
前回、仕事のストレスがたまると、ついつい旅行記に手が伸びてしまうと書いたが、その心境において一番安らぎを与えてくれるのは、高野秀行の諸作になるだろう。
辺境ライターと名乗るだけあって、アマゾンやアフリカの奥地にUMA(未確認不思議生物)を探しに行ったり、アヘン栽培地に潜入したり、内戦が絶えないソマリアとその隣のソマリランドを行き来したりと、その行動力と発想は常軌を逸していて、むしろ清々しい。
この本もインドに棲息するというUMAウモッカを捕獲に悪戦苦闘する旅行記となる。


結論からすれば、ウモッカは捕獲できなかった。
もっとも、もしウモッカを捕獲していたら、世紀の大発見となって、マスコミを賑わしていただろうから、そんなニュースがなかった以上、本を読む前から「水戸黄門」のラストのように、お約束事としてわかっている。
それでも、はやる気持ちでページをめくってしまうのは、捕獲のための情報収集と計画遂行に対する並々ならぬ情熱が、ついこちらの指先まで熱くさせるのだろう。




著者は過去の旅もそうだが、自ら現地の言葉を取得することを信条としているゆえ、今回もオリヤー語を勉強するために奔走し、さらに最初にウモッカを目撃した人物に会い、当時の話を聞くどころか、ウモッカの最大の特徴であるトゲを持ったウロコの模型を製作してもらうのである。
ウモッカの目撃者が芸大出身の放浪者だったのも、偶然とはいえ、ヒキの強さを感じずにはいられない。
そしてウモッカを捕獲した際の運搬やマスコミへの通達など様々な業務を考慮して、長年の友人であるキタ氏に同行を依頼する。
用意周到という言葉がぴったりとくる準備ぶりである。


それでも読者としては、ウモッカが捕獲できなかったことはわかっている。
しかし、ここまで準備万端であっても、予期せぬ災難が待ち受けているのが、辺境の旅たる所以。何が起こるのかと背筋を立てて期待してしまう。
他人の不幸は蜜の味。
そう考えてしまうのが、旅行記好きの読者なのである。




その期待は、こちらの想像を遥かに凌駕していて、こんな顛末が本当に起こったのかと、小さな眼を大きく瞠いてしまった。
この徒労感に比べたら、札幌の時計台を見学した落胆の方が、数倍お気楽である。
しかしこの300ページにも及ぶ顛末記を飽くことなく、一気に読破させる筆力はすごい。
何が起こったのか気になる方は、一度この本を手に取られてはいかが。

(店主YUZOO)

11月 14, 2018 ブックレビュー, 店主のつぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184818/67379207

この記事へのトラックバック一覧です: 第48回 紙の上を旅をする:

コメント

コメントを書く