« 買付人の食生活 | トップページ

2018年6月25日 (月)

帰国の愉しみ




10日ほどの買付を終えて帰国の途に着く際、愉しみにしていることがひとつある。
日本の地を踏んだら、まず寿司をつまんで舌鼓を打ち、日本酒の繊細な芳香と味わいに身も心も委ねたいとか、鄙びた温泉宿で何も語らず、何も思考せず、ぼんやりと過ごしたいとか、他愛のない妄想に耽ることではない。
フライト時間は10時間近くあるゆえ、そのような妄想に費やしたとしても、時間はサッカーの試合3回分ぐらいは残る。


それに寿司を想像したところで、回転するレーンの上を黙々と通り過ぎる鉄火巻や紙のように薄い鮪の赤身ぐらいしか浮かばず、薄っぺらい財布では名店の暖簾をくぐれないのが現実。
妄想によって己れの甲斐性の無さを思い知らされことになり、陰鬱に首を垂れるだけになってしまう。
そんな思いをするのならば、機内食を口に放り込んで早々に寝てしまうのが、精神衛生上一番の得策とも言える。


飛行機はドモジェドボ空港を17時45分に飛び立ち、翌日の朝8時頃には日本に到着する。
日付をまたぐことになる。
この夜を飛び越えることが、帰国の愉しみの重要ポイントなのである。
5月の北半球は夏至が近いので、強い陽射しのなか飛行機は飛び立ち、1時間もすると眼下にはロシアの大平原が広がり、やがてはシベリアの鬱蒼とした太古の原野へと変わる。
見渡すかぎり深く豊饒とした緑一色で、人間の生活空間はどこにも感じられない。
蛇行する大きな河があり、湿地か湖沼か区別がつかない水溜りが点在するだけである。


その頃にはあれほど栄華を極めていた太陽は心なしか衰えを見せ、柔らかな光をシベリアの森林に注ぐ壮年期に入っている。
さらに機内食が配膳される時間になると、太陽は好々爺の表情となり、もはや力強い陽射しの面影は微塵もない。
そして機内食が終わると室内灯は消され、弱々しくなった陽の光が唯一の光源となる。




私は座席に備えられた小さなモニターで映画を観るのは好まないから、窓の外へと視線を移す。
この時間帯が帰国の愉しみとなる。
相変わらず、人間の手垢で染まっていない果てることのないシベリアの原野があり、陽を受けた河川は鈍色に輝いている。
東の空は暮れ始め、濃紺の空に星々が煌めきはじめる。
あれほど若さに満ち溢れていた太陽は、白、黄、橙、赤、紅、茜と変化して、今では肉眼でじっくりと眺められるほどだ。
すっかり老いてしまった太陽は、西方の果ての終の住処へと家路を急ぐ。
落陽する周辺の雲は、黄金色に燃えて美しい。
それも、ほんの一瞬。
地平線を辿るように細いひと筋の光が流れると、そのあと空と大地のけじめがつかない暗闇が訪れる。
星が瞬く。
シベリアは漆黒の原野となり、静かな眠りにつく。




まるで人の一生を垣間見ているかのようである。
太陽の生老病死があり、それに伴って太陽と共にあったものが静寂に包まれていく。
森羅万象。
この自然が織りなす悠々かつ深遠なる美を眼に焼き付けたいがために、ロシアに買付に行っていると思うほど、感情が滔々して昂ぶり、深い息を飲まされる。

この美しい自然の芸術を愉しむことができるのは、左側の座席のみ。
ヨーロッパ方面から帰国される方は、多少窮屈な思いをしても、左側の窓側席を確保することをお勧めする。
涙を流すのも良し、何かを悟るのも良し。
旅の終わりを締めるには、これ以上の美は他にない。

(店主YUZOO )

6月 25, 2018 店主のつぶやき, 海外仕入れ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184818/66867466

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国の愉しみ:

コメント

コメントを書く