« 第44回 耳に良く効く処方箋 | トップページ | 第43回 紙の上をめぐる旅 »

2018年4月23日 (月)

第45回 耳に良く効く処方箋




エリス・レジーナ『エリス・エスペシャル』(フィリップス)

エリス・レジーナが瞬く間に、国民的歌手に昇りつめた1968年に発表されたアルバム。
次作が永遠の名盤『イン・ロンドン』だけに、その前哨戦ともいうべき1枚。


興味深いのは、次作でも歌われたエドゥ・ロボ「Corrida de jangada 」と「Upa neguinho 」の2曲を取り上げていること。
生涯、エリスを代表する曲だけに、聴き比べてみるのも面白い。
アレンジやテンポに大きな違いはないのだが、エリスの歌い方に大きな変化がある。
本アルバムではメロディを重視した元歌に近いのに対し、次作ではリズムに乗って弾けんばかりに歌い上げる。
わずか1年あまりの間に、同じ曲をまったく異なるアプローチを試みて、表現の幅を広げているのだ。
この曲はリズム感良く歌うのが一番と感じ、それを実現させてしまうのが、並みの尺では計れない才能を感じるところである。


私のような凡才からみれば、その豊かな才能を羨むなど、露の先ほども思わない。
こんな凄い歌手に出会えたことに感謝するばかり。
爪の垢を煎じようとさえ思わない。
多謝のうえに多謝である。


このアルバムでは、シコ・ブアルギとジルベルト・ジルの曲を取り上げているのも注目。
当時、2人とも新進気鋭の若手の音楽家だっただけに、才能を発掘することにも、エリスが長けていたことに気づかされる。
自身で作曲しない分、優れた曲を見出すことに、天性の勘があったのだろう。
36年という短過ぎる生涯で、ブラジルを代表する歌手になれたのも、優れた曲を嗅ぎ分ける能力があったのと、新しいジャンルにも果敢に挑戦する気持ちがあったことも無視できない。
懐メロ歌手に甘んじることは、決してなかった。


アルバムの最後はマンゲイラを代表するサンバ・メドレーで幕を閉じる。
祖国ブラジルが軍事独裁政権下にあっても、媚びることなく、常に民衆の側に立ちたいという意志が、このサンバ・メドレーに表れているのではと思う。
小粒ではあるが、ピリッとした辛味を感じるアルバムである。


(店主YUZOO)

4月 23, 2018 店主のつぶやきCDレビュー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第45回 耳に良く効く処方箋:

コメント

コメントを書く