« 第6話 ロシア買付日記 | トップページ | 第8話 ロシア買付日記 »

2017年9月13日 (水)

第7話 ロシア買付日記





今日は移動日。
モスクワから電車と車でセミョーノフまでの長旅。約600キロある。
舗装路の状態は、日本のようにはいかない。大河ヴォルガも渡らなければならぬ。
朝6時にホテルを出発したが、いつ到着することやら。

今回のセミョーノフはマトリョーシカの買付はもちろんのこと、もうひとつの目的は、マトリョーシカ工場社長の50歳の誕生日をみんなでお祝いすることである。
日本は60歳を還暦として、いつもとは違う祝福をするように、ロシアでは50歳が人生の区切りとなるそうだ。
半世紀の人生を盛大に祝う為に、日本から樽酒(似せたものだけど)、いつまでも健康にとハブ酒、社長のポートレートをパッケージにしたチョコレートなど、いろいろとサプライズを用意したのだ。
パーティが盛り上がらないと、重い思いをして日本から持参した意味がない。





それにしても何処までも続く平原。
道沿いに白樺の林が続き、所々にラベンダーが咲いている。眼を開けていても、瞑っていても同じような景色が遠遠く延びている。





途中に寄ったガソリンスタンドで見たアイスクリームのパッケージの可愛らしさに、思わず眼を細める。
紙で包んだアイスクリームは、創業当時から味もパッケージも変えていませんといった感じの頑固さがあり、パッケージの派手さで勝負しないという潔さがある。
ロシアのアイスクリームは、コクがあってバターを舐めているような美味しさがある。
日本ではなかなか味わえない濃厚な味わい。

まだまだセミョーノフまで道は続く。

(店主・YUZOO )

9月 13, 2017 店主のつぶやき, 海外仕入れ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184818/65784470

この記事へのトラックバック一覧です: 第7話 ロシア買付日記:

コメント

コメントを書く