« 買付おやぢはセミョーノフをめざす(15) | トップページ | 買付おやぢはセミョーノフをめざす(17) »

2016年7月 9日 (土)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(16)

  709

ようやくセミョーノフに入った。

セミョーノフの中心部にむかう路には、

電柱毎にホフロマ塗りの看板が並び、

長い旅路を経てきた私たちを出迎えてくれる。

見落としてしまったのかもしれないが、

セミョーノフ産のマトリョーシカの看板がない。

その原因は、あとから知ることになるが。

 

 

ロシアの夏の日照時間は長く、

5時だというのに昼間のような日射しが照りつけている。

砂埃が舞う白茶けた道と

陽に照らされて精気を失いつつある野草に夏を感じる。

ロシアの夏というと、

避暑地のような涼しい気候を想像するだろうけど、

実際は盆地や内陸地のように、

首筋や背中にじわりじわりとくる暑さなのだ。

 

ただ蝉が喧しく鳴くことがないのでしんと静かである。

7091


 

「到着!」

コブロフさんが豪華客船の船長のように高らかに告げると、

同乗者全員が労をねぎらって思わず拍手。

家の前でエンジンの音が止まったのを聞きつけたのか、

すぐにコロトコフさんが巨体を揺らして、

玄関から飛び出してきた。

 

待っていたぞと言わんばかりに、

まずはコブロフさんと抱擁を交わし、

次にチェリパシカ氏とも抱擁。

コロトコフさんもチェリパシカ氏もお互いに巨漢なので、

千秋楽の大一番を観戦しているようで、

思わず笑ってしまう。

次に私と抱擁。華奢な私の体つきでは、

新弟子が関取に稽古をつけてもらっているように

見えるに違いない。

7093


   

「コロトコフさんの髭、痛くなかった?」

長旅で凝り固まった身体をほぐしながら、

チェリパシカ氏が私に耳打ちする。

誰もが再会を喜び、自然と笑顔になる。

私はお盆の里帰りのようで、

家のまわりの風景や扉でさえも懐かしく、

穏やかな心持になっている。

大げさだが、髭の痛みさえ懐かしい。

 

「まずはバーニャ(サウナ)の用意をするからな」

コロトコフさんは、

話したいことが山から零れ落ちそうなぐらいあるようで、

車から荷物やプレゼントをおろすのを急かしてくる。

 

今宵も愉しいことがありそうだと、私はひとりごちである。

 

 

※写真はゴロビジェッの伝統的な布人形。

 顔がない人形もロシアではポピュラーです。

 子どもの想像力を育てるためだとか。

 

 次回の更新は7月9日です。

 

(店主YUZOO)

 

 

 

7月 9, 2016 海外仕入れ |

コメント

コメントを書く