« 買付おやぢはセミョーノフをめざす(6) | トップページ | 買付おやぢはセミョーノフをめざす(8) »

2015年8月12日 (水)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(7)

  11

ここは元国営工場ならではの古き良き質素な展示で、

B級品半額の広告とか、特価品が積み上がっていないのが、

潔くて気持ちいい。

カウンターにいるロシア的な福与かな女性も、

こちらをちらりと一瞥するだけで、

無理してでも買ってもらおうという姿勢がないのも潔い。

サービスが過剰になりつつある昨今、

自由に見て好きなものを選んでくれれば十分ですから

というスタンスは、日本のサービスが

スタンダードと思いがちなだけに新鮮に映る。

 

その静寂に包まれた買い物時間で見つけたのが、

ユーリーさんのチェブラーシカのセット。

お手ごろ価格が信条のグジェリにしては、

かなり高額な逸品なのだが、

チェブラーシカに登場するキャラクターが全部で8体。

陶器のつくりもユーモラスで絵も丁寧に描かれていて、

一度だけ買付したときは、

その存在を知っていたディープなチェブラーシカファンが、

待っていましたと言わんばかりに、

買い求めたマニア垂涎ものの逸品なのである。

    11_2

悩んだときは買うというのが、買付人の鉄則。

福与かな女性に頼んで、

お店にあるユーリーさんの作品を

すべて見せてもらうように頼んだ。

もちろん福与かさんは、眉を八の字にすることも、

口をへの字曲げることもなく、

淡々とガラスケースの上に並べ始める。あくまでも潔い。

チェブラーシカ以外にも、ムーミン一家、おおきなかぶ、

三匹のくま、ライカ犬、

マーク・ボラン(ギターのところにTレックスの文字があり)

……。

 

寡作な作家とはきいていたが、

これだけ様々な作品が並べられると、

買付人としては何を買ってよいのか判断に迷うところである。

鉄則どおりにすべて購入となると、

セミョーノフに到着する前に、

所持金が消えていくのは間違いなし。

財布の中身と相談というより、

財布と家族会議をしなければならない金額になるはずである。

どうにもこうにも打ち手なしだねと、市場につれていかれる

子牛のような眼でチェリパシカ氏と見つめあってしまう。

 

すると突然、福与かさんが

 

「ユーリーさんが、あなたたちに会いたがっているそうよ」

 

と告げられる。

 

(店主YUZOO)

 

8月 12, 2015 海外仕入れ |

コメント

コメントを書く