« 買付おやぢはセミョーノフをめざす(4) | トップページ | 買付おやぢはセミョーノフをめざす(6) »

2015年7月31日 (金)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(5)

 

20150772_image

 

硬いシートにお尻が悲鳴をあげそうになった頃に、

グジェリ駅に到着。陶器で有名なこの町は、

ダビドボの近くにある。

 

今回、この駅で待ち合わせにしたのは、

ロシアにいるからには何でも買付してやろうという

商売人魂がそうさせたと言いたいところだが、

電車のダイヤの関係で、

程よい時間にダビドボに着く電車がなかっただけである。

 

グジェリ来るのは今回で3回目。

当然のことながらモスクワ市内で買付するより価格は安く、

知られていない作家作品を見つけることができるのが、

大きな魅力ではある。

あと運がよければ、製作現場を見ることもできる。

自然と心が躍るのも無理もない。

 

 

しかし駅は白樺林を切り拓いたような、

駅舎もなく荒涼としていて、

まっすぐに伸びた線路が唯一の人工物で、

活気もなければ生活もない。

『千と千尋の神隠し』の鉄道駅みたいな

殺伐した感じとでも言おうか。

 

201507


日本人的な感覚からすれば、

陶器で名を馳せた町となると、

益子焼や瀬戸焼、備前焼などを想像し、

駅前にはシンボルとなる巨大な焼き物が出迎えて、

土産物屋が立ち並び、無料送迎バスで中心部にいくと、

販売所と休憩所の呼び込みで市場のような活気に溢れ、

絵付け教室や陶芸教室も満員御礼の盛況で、売り手も

買い手も満面の笑みで包まれているのを想像するだろうが、

グジェリといえどもロシア。

駅前は土産物店どころか駅員すら見かけない。

もちろんゆるキャラの出迎えは遠い未来になりそうである。

雨でぬかるんだ道に足をとられないように注意しながら、

駐車場まで歩くだけである。

 

2015071_image
「久しぶり。元気にしていました?

「すべては問題ないな。しかし俺の勘はすごいだろう。4両目に乗っているとぴったりと当てたのだから」

「コブロフさんには、神がそばにいるね。きっと。ところでこの辺りは雨が降ったのですか?

「明け方にすごく降ったよ。雷も鳴っていたし。ただロシアではよくあることさ」

 

ロシアの親戚コブロフさんと再会は、

感動の再会という雰囲気はなく、

毎年帰省する日本で暮らす従兄弟を迎えに来たという、

とても馴染んだもの。

 

コブロフさんはホームの4両目で出迎えたことにご満悦で、

今日は何か良いことが起きると興奮しきり。

この感じだと、

今晩のパーティが今から楽しみだと独りごちになっている。

コブロフさんが最近買ったばかりの韓国製の車に乗り込むと、

街道沿いの直営店へとむかった。

 

チェリパシカ氏はなぜ韓国車を選んだのだろうと、

エンジンを聞きながら厳冬期に耐えられるのかと、

心配性の性格を露わにしている。

わたしも今晩のパーティで予想外のことが

起こりそうな気がして不安になり始めたところだった。

 

 

今回もロシアで撮影した写真ですが、

本文とは関係ないです。トホホ

 

 

(店主YUZOO)

 

7月 31, 2015 海外仕入れ |

コメント

コメントを書く