« バイカル湖憧憬 | トップページ | 買付おやぢはセミョーノフをめざす(1) »

2014年11月28日 (金)

在日という名の民間交流

Photo


さすがにロシアは物不足で、

牛乳を買うにも半日並ぶんだってねと

訊く人はいなくなったが、

それでもロシアは不可解な国、

何を考えていのかわからない国と思っている日本人は多い。

 

 

ロシアに買付に行くようになって、早や7年。

マトリョーシカを通じて、一緒に産地をまわり、

ウォッカを鯨飲し、語らうことで得た友人も増え、

ロシアを第二の故郷と感じているだけに、

この現実は淋しいかぎりである。

 

 

一方ロシア人から見た日本の印象というと、

クォリティの高い製品を生み出す国、

ヘルシーな和食、礼儀正しい国民性、

エキゾチックで奥深さを秘めた伝統文化と、

きわめて好意的で、

悪い印象を抱いている感じは微塵もない。

 

 

実際に地下鉄のどの駅に降り立っても、

日本食レストランの看板が目に飛び込んでくるし、

日本の自動車や家電製品は絶対に故障しないと

信じているようである。

ただし製品はMade in Japanでないと駄目。

日本企業であっても海外工場でつくられたものは、

その安全神話の聖書から外れるらしい。

 

田中健之著「実は日本人が大好きなロシア人」

在日ロシア人15人に日本についての印象を率直に訊いた、

今までにない視点で

日露関係を見つめ直したユニークな本である。

だいたいロシアに関する書物は、

ほとんどが政治情勢を記したものばかりで、

一般のロシア人が

どう日本を見ているのかという本は皆無に近い。

 

また在日ロシア人が体験する

日本の風習や文化の違いを語る言葉に、

日本人ならば当たり前すぎて気にも留めなくなったものに、

日本の原石というべき大切なものが

潜んでいることに気づかされる。

諦観と閉塞に満ちた現代の日本社会に

一筋の光を与えてるかのようである

日本はそんなに悲観に暮れるような国ではないんだよと。

 

20世紀に2度も国の体制が変わった激動の国で、

生き抜いてきた民族の言葉である。重みがちがう。

 

著者はあとがきにこう記している。

《日露の民間交流こそが、日本とロシアを本当にいい友人として、またパートナーとして得るものだと私は確信している。お互いがよりよい信頼関係を築いて積み重ねてこそ、日露の複雑な政治的な問題の解決の糸口が見出せると信じている》

その言葉に深く共感する。

 

マトリョーシカ買付から始まったロシアとの付合いが、

今や商売の領域を越え、

精神性をともなった次元で

結びついていると感じるからである。

堅苦しく言えばネ。

 

ちなみにこの本に登場する在日ロシア人に

「木の香」とも縁の深いマトリョーシカ作家、

マリナ・ゴロヴェンコさんも、

日本について印象を述べています。

マリナさんは東日本大震災の支援ボランティアを

積極的にしていたんですね。

行動力があって、心優しくて本当に素敵な女性です。

改めて気づかされました。

 

(店主YUZO)

11月 28, 2014 ブックレビュー |

コメント

コメントを書く