« 純情こけし東北めぐり旅(4) | トップページ | 純情こけし東北めぐり旅(6) »

2014年1月28日 (火)

純情こけし東北めぐり旅(5)

Imag1835


本日最後に会うのは、こけしの世界では珍しい女性工人、

梅木直美さんである。

梅木工人に会うのはayumiさんも初めてで、

お菓子を頬張りながら、心なしか車内に緊張が漂う。

ayumiさんは、どんな話をすればすぐに打ち解けられるか、

私はうら若き女性に会うからが理由であるが。

 

 

大概において私は、

どんな女性に美しさを感じるのかと質問された場合、

伝統工芸を継いでいる女性と答えるようにしている。

初対面の相手にはにかむ女性、子供をあやす母親、

スポーツで敗れて涙する女学生といった

一般的に好まれる仕草に、

それほど心を動かされることはない。

というより、なくなったと言うべきだろう。

 

すれっ枯らしの、

酒を飲むことしか楽しみがなくなった男は、

幾度も経験する挫折と諦観の果てに、

ようやく住む人もまばらな寒村に、

真の安らぎを見つけ出したような心境。

 

水に棲むナマズが、

ここも悪くないと思う心境と同じである。

 

その境地はなかなか理解されることはない。

その心持において、

こけしつくりを父親から受け継ぐと決めた

梅木工人の凛とした姿勢は、

絶対的な美しさに満ちているはずである。

緊張しない方がおかしい。

 

Dsc_0413


 

約束の6時半に教えてもらった住所に着いたのだが、

完全なる住宅街で、

見渡しても木材置き場も工房らしきものもない。

時おり通過する車の音が、街中に響く程度で、

しんと静まり返っている。

 

住所を聞き違えたかと思い、

電話をすると、ほんの50m先で手を振る人がいる。

 

妄想癖が特技の私は、

築100年の茅葺き屋根の日本家屋に、

納屋には材木の山、

庭先には放し飼いのニワトリという光景が、

網膜に美しく投影されていたので、

玉手箱を開けても何も起こらない浦島太郎の気分。

 

Dsc_0414


また梅木工人も眉間に皺の寄った厳しい風貌は微塵もなく、

笑顔の素敵な良家のお嬢様といった優しい顔立ちである。

 

私は下調べとして梅木工人のブログを拝見していたのだが、

この笑顔と文章から忍ばれる人柄が、きれいに一致する。

 

私の職人の世界=厳格な世界という連想は、

昭和のステレオタイプの典型で、

今は平成、もっと社交的で柔軟さがあるのだろう。

 

「遠いところ、わざわざ来ていただいて、ありがとうございます」

 

お仕着せがましさもなく、

さらりと言うのは東北人の特徴だろうか。

柿澤工人も平賀工人も、そうだった。

その言い方には、すっと心に沁みこんでくる温かさがあり、

一瞬にして会いに来て良かったという気分にさせる。

心が喜んでいるのがわかる。

 

(店主YUZOO)

1月 28, 2014 国内仕入れ |

コメント

コメントを書く