« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

カラシニコフの死

Photo 

1223日、カラシニコフが94才で亡くなった。

新聞では、自動小銃「AK47」の開発に成功。

(中略)その銃の特徴からコピー製品も大量に出回り、

多くの紛争やテロ攻撃に使われ

「史上最悪の大量殺戮兵器」ともいわれた。(朝日新聞)

 

以前、カラシニコフにインタビューした本を、

このブログで紹介したことがある。

カラシニコフの印象は、対ドイツ戦に勝つため、

祖国を守るために銃の開発に没頭し、

開発までに至る経緯と、

少年時代から好奇心が旺盛で、

機械のメカニズムを知るため、

何でも分解しなければ気がすまない性格が

強く残っている。

 

もしこの人物が世界で一番多く製造されている

銃の開発者でなければ、

東大阪や蒲田の匠の技をもつエンジニアの話と同じように

読めたのかもしれない。

 

しかし「史上最悪の大量殺戮兵器」と

呼ばれる銃の基礎を開発した人間の話である。

たとえ、その半生が波乱万丈に満ちて、

魅力的な人柄であったとしても、

しっかりとそこは見極めるべきである。

 

兵器開発というのは、

その勝つべき戦争が終ったからといって、

そこで打ち切りになることはない。

   

終戦後も開発は脈々と続けられて、

さらに殺傷能力の高い物、最新技術を取り入れたもの、

高性能なものが造られていく。

 

原爆しかり、ミサイルしかり、化学兵器しかり。

 

ひとつの技術が発明されると、

その後は、開発者の手を離れて、独り歩きをして、

人類破滅という悪魔の領域に近づいてしまうのである。

 

カラシニコフは事あるごとに

「私は祖国をファシズムから守るために、銃を開発した。戦争が終わっても私の開発した銃が世界中で使われるのは、私のせいではない。政治の責任とモラルである。その証拠に私はそれに関してお金を一円たりとももらっていない」

といった旨を発言していたそうである。

 

しかし女性や子供でも簡単に扱え、

メンテナンス性も抜群な究極の自動小銃は、

推定でも世界に2億丁あり、

ニュースにも上らないような紛争の地で、

今この瞬間も使われている。

 

上記の写真は、カラシニコフをキーワードにして、

世界の紛争地域を取材した本である。

 

松本仁一『カラシニコフ』(朝日新聞社)

 

紛争の地では、

カラシニコフは生活必需品のように取り扱われ、

老いも若いも、男も女も問わず、その衰弱した肩に担ぎ、

この紛争の真実を知らされることなく、

ただ生活のために、

見えない敵に対して発射しているだけの

単なるお手頃なな兵器と化している。

 

 

身近過ぎるゆえ、人を殺すための兵器という顔は

見失われてしまっている。 

 

 

生前のカラシニコフは、このような現状を、

実際のところどう思っていたのだろうか。

  

(店主YUZOO)

12月 27, 2013 ブックレビュー | | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

小我野明子『ロシア 暮らしの中のかわいい民芸』

Photo  

今日は木の香でも取り扱っている本の紹介。

『ロシア 暮らしの中のかわいい民芸』

(パイ・インターナショナル)

 

近鉄奈良駅近くで「マールィ・ミール」という

ロシア雑貨店を経営する

小我野明子さんが書いた本である。

 

アルハンゲリスク・サンクトペテルブルク、

モスクワ近郊の伝統的な民芸品を

アカデミックな立場からではなく、

女の子ならではの“かわいい”という目線でセレクトし、

さらに手づくり工芸品のもつ優しさ、素朴さ、繊細さ、

色鮮やかさなどを写真で教えてくれる

目で楽しむ本になっている

 

紹介されている民芸品は、

ホフロマ、ジョストボ、グジェリ、ベレスタ、

ブラトーク、フイニフティ等々、

もちろんマトリョーシカも。

 

 

なかでもワーレンキ、ボゴロドスコエ、粘土人形などは、

ロシア民芸品を初めて目にする方には、素朴さのなかに

潜んでいる力強いかたちに圧倒されるかもしれない。

生活雑貨ゆえに無駄な装飾は廃し、

機能と耐久性が重要視されている点も見逃せない。

生活雑貨の単純にこそ美が内在している、

典型的な見本である(ちょっと柳宗悦風に)。

 

小我野さんは、

今や日本では失いつつある手づくりの美を求めて、

ロシアを旅していることだけは間違いない。

 

まあ、それは別として、

小我野さんの制作している現場を見たいという好奇心と、

フットワークの軽さに、ただ驚かされるばかりである。

 

日本地図のようにロシアを眺めてはいけない。

それに日本の道路のように整備されているわけでもない。

 

今年、私はムスチョーラとパレフ

の制作現場に赴いたのだが、

パレフでは日本人が訪れたのは7年ぶりと言っていたし、

ムスチョーラの工房にいたっては、

初めて見たと興奮していたぐらいである。

それを踏まえると、小我野さんのたくましい行動力が、

お分かりいただけると思う。

 

奈良のお店にお邪魔したときに常に話すのは、

少しでもロシアが身近な国になって、その魅力を

理解してくれる人が増えればという小さな願いである。

自らロシア文化の伝道師と称している。

 

伝道師は、多少ロシア語が理解できなくても意に介さず、

“かわいい”を独自の嗅覚で感じ、新たな場所、

新たな出会いを求めて、ロシアの広い大地を旅している。

そしてその成果を、誰もがロシア民芸の温かさに

思わず微笑んでしまうような素敵な本にして、

ロシア文化の布教をしてくれるのである。

 

同じ志を持つものとして頭が下がる思いと、

まだまだ私も甘いねぇという気持ちにもさせてくれる。

 

もし奈良を旅することがあったら、

ぜひ「マールィ・ミール」にも立ち寄ってみてください。

昔懐かしい日本家屋に、

ロシア雑貨がおだやかな顔で並んでいる。

日本とロシアの生活の香りのする空間に、

店名の“小さな世界”が、理想郷として広がっている。

 

(注)МИР(ミール)は、世界という意味のほかに、

   平和という意味もあります。

 

 

(店主 YUZOO)

12月 25, 2013 ブックレビュー | | コメント (0)