« ポール・マッカートニーがやって来る!!ヤー!ヤー!ヤー! | トップページ | 小我野明子『ロシア 暮らしの中のかわいい民芸』 »

2013年11月21日 (木)

セピア色になることのない音楽のために

Z 

先回に引き続きポール・マッカトニーの話。

  

今回のツアーでは

ビートルズ時代の曲が多いと巷では噂されているが、

思え返せば、すでに40年以上前に解散したバンドの曲。

  

ふつうならば古き良き時代の音楽として、

同時期に青春を謳歌した人々の懐かしのメロディとして

胸の奥に静かに納まり、

たまに酒場の片隅から流れる有線放送に合わせて

口ずさむのが、流行歌の正しい在り方。

もしくは行く末。

  

消えゆくことはあるが、もう輝くことはない。

  

しかしそんな俗説、何をか言わんやである。

  

時代が移り変わろうとも、

ビートルズは新しいリスナーを獲得し続け、

初めて聴いたときの感動をそのままに、

決して古びることはない。

  

良いメロディは永遠であると嘯くことは可能だけども、

そんな教科書のごとき言葉が解答であるはずがない。

決して言葉で言い表せない、

ポピュラー音楽だけが持ちうる魔法が、

ビートルズが創り出した音には、

たくさん散りばめられているからだ。

  

それを証拠に、じっくりと耳を傾けると、

聴き慣れた曲のはずなのに、新たな音の発見があり、

ふとしたことで別のメロディの美しさに気づかされる。

これを魔法と呼ばずして、何と言い表そう。

  

ビートルズは世界で一番聴かれていると同時に、

一番カバーされているバンドでもある。

ジャズ、クラッシック、ソウル、レゲエ、

マンボ、フォーク、カントリー、果ては日本の民謡まで、

ジャンルを問わずにカバーされてきた。

 

  

在る者は、その魔法を解明するために。

在る者は自分も魔法が使えないかと望みを託して。

在る者は純粋に魔法の世界にどっぷりと浸かりたくて

 

この『健’z』というアルバム。

エル・アールの黒沢健一と

音楽評論家の萩原健太のユニットで、

ポールに対する限りない愛情とリスペクトに満ちた、

煌めく魔法に酔える好アルバムに仕上がっている。

 

アコスティック・ギターのみのシンプルな伴奏は

メロディラインの美しさを際立たせるし、

丁寧に歌う姿勢は曲への感謝の気持ちに溢れている。

 

数あるカバー・アルバムのなかでも、

純度の高さにおいて指折りの名盤ではなかろうか。

 

ちなみに2曲だけ入っている

ブライアン・ウイルソンのカバーも胸キュンもの。

 

今宵は、明日訪れる夢の時間にそなえ、

はやる気持ち抑え、このアルバムを聴いている次第。

というのも、実は明日東京ドームにポールのコンサートに

急遽行くことになったのである。

 

ゆえに興奮抑えきれない微熱な文章になってしまった。

 

氷上のシロクマのような気分で申し訳ない。

 

(店主YUZOO)

11月 21, 2013 店主のつぶやきCDレビュー |

コメント

コメントを書く