« ロシア語講座が新しくなったのを知っている? | トップページ | モスクワ地下鉄という名のタイムトンネル »

2013年7月10日 (水)

「ロシアのマトリョーシカ」発刊!!

Photo   

今日は現在、

マトリョーシカ界で話題になっている本を紹介します。

その名も『ロシアのマトリョーシカ』

(スヴェトラーナ・ゴロジャーニナ著・スペースシャワー・ブック刊)

2年前にロシアで出版された本の邦訳になる。

  

マトリョーシカの創成期の頃の様子から

各産地での成り立ちや技法などを詳細に記している。

マトリョーシカを語るにおいて、

つい絵付けをする作家が話題の中心になるが、旋盤工(木地師)

についても記述がされているのが心地よい。

  

最初にマトリョーシカの木地をつくったといわれる

ズビョーズドスキンの写真まで載っていて、

思わず息を呑んでしまう。

  

この写真の貴重さといったら、

20世紀末の大発見となった伝説のブルースマン、

ロバート・ジョンソンのものと肩を並べるのに近いのでは。

少なくともマトリョーシカ界では。

  

ただマトリョーシカの語源については、以下の数行のみ。

   

≪ちなみにマトリョーシカという名前はマトリョーナ(古くはマトローナ)というよくある女性の名前に由来する。(ラテン語で「尊い女性、家族の母」を意味する。モーチャ、マトリョーシャ、マトリョーシカはその愛称である)≫

  

もっと踏み込んだ記述を望むのは、

欲張りというものだろうか。

  

この本は、学術的、歴史的に論じていて、

少々お堅い風体だが、かなり貴重な写真が掲載されているし、

最近活躍している作家の作品も載っているのが嬉しい。

お気に入りのマトリョーシカを眺めながら、

この子がどんな場所で、どんな風につくられていて、

自分の元にやってきたのかと

想像して読むのも愉しいかもしれない。

  

私は写真の煌びやかさに

舌鼓を打ちながら読ませていただいた。

おすすめです。

  

(店主YUZO)

7月 10, 2013 ブックレビュー |

コメント

コメントを書く