« 2013年6月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年7月18日 (木)

モスクワ地下鉄という名のタイムトンネル

Photo  

ロシアの旅行ガイドをご覧になったことがあるのなら

ご存知かと思うが、モスクワの地下鉄が、

博物館や美術館のごとく、

豪華で数多くの彫像やレリーフに彩られていることを。

 

たとえば『地球歩き方』では

「モスクワのメトロ駅のホームは、宮殿を思わせる豪華さで知られている。(中略)乗車と下車を繰り返しているだけで、美術鑑賞をしているような気分になれる」という具合に。

  

というわけで、今回紹介する本は

鈴木常浩『モスクワ地下鉄の空気』(現代書館)。

 

著者は美術家のようで、極私的に、感覚的に、

ときには感情的に、

モスクワ地下鉄のデザインや彫像について、

言葉を吐き出すように書いているのだが、

それがデータ本のような味気のないものにならずに、

モスクワ留学記としても読むことができる。

  

全体主義を具現化したような

スターリン様式的なプロパガンダレリーフには、

吐き気を催すといわんばかりに痛烈に批判し、

露骨に賄賂を要求する警官たちに怒りを露わにする。

全体を通じてニヒリズムの霧が覆っているのだが、

不思議と不快感はない。

  

ソビエトの核であったコミュニズムの理想が崩壊し、

効率や利潤追求を主とする

欧米型資本主義に呑み込まれていく、

20世紀末のロシア市民の精神風景を

的確に捉えているからかもしれない。

 

モスクワの地下鉄は、

ナチスに勝利した大祖国戦争を緒端に、

民族友好のスローガン、計画生産のプロパガンダ、

全体主義の展示場、アバンギャルド芸術など、

それぞれの駅に

ロシアの歴史や文化が色濃く反映されている。

  

著者はそこに、ロシアの歓喜、理想、幻想、

虚栄、鎮魂を嗅ぎ取ったゆえ、

冒頭に「私はやはりロシアが嫌いだ。

四年間の長い旅を終えた結論である」と記したのだろう。

  Photo_2

ただ個性も色彩も持たない日本の地下鉄を思うと、

モスクワの地下鉄は顔立ちが

はっきりとしていて羨ましい。

あの地底まで続くかと思われる

長いエスカレーターに乗っていると、

時間が逆流していくかのようで、

自分の居場所が判らなくなる。

 

あの何とも言えない感覚は、

モスクワの地下鉄特有のものである。

  

この本が書かれた頃のモスクワと現在では、

まったく違う都市へ変貌している。

けれども地下鉄の顔立ちは変わらず、

ソビエトであり、ロシアであり続ける。

  

モスクワ地下鉄は時間軸で区切られた博物館、

もしくは時間の止まった

タイムトンネルなのかもしれない。

   

  

※写真は地下鉄の回数チケット。

 

(店主YUZO)

7月 18, 2013 ブックレビュー | | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

「ロシアのマトリョーシカ」発刊!!

Photo   

今日は現在、

マトリョーシカ界で話題になっている本を紹介します。

その名も『ロシアのマトリョーシカ』

(スヴェトラーナ・ゴロジャーニナ著・スペースシャワー・ブック刊)

2年前にロシアで出版された本の邦訳になる。

  

マトリョーシカの創成期の頃の様子から

各産地での成り立ちや技法などを詳細に記している。

マトリョーシカを語るにおいて、

つい絵付けをする作家が話題の中心になるが、旋盤工(木地師)

についても記述がされているのが心地よい。

  

最初にマトリョーシカの木地をつくったといわれる

ズビョーズドスキンの写真まで載っていて、

思わず息を呑んでしまう。

  

この写真の貴重さといったら、

20世紀末の大発見となった伝説のブルースマン、

ロバート・ジョンソンのものと肩を並べるのに近いのでは。

少なくともマトリョーシカ界では。

  

ただマトリョーシカの語源については、以下の数行のみ。

   

≪ちなみにマトリョーシカという名前はマトリョーナ(古くはマトローナ)というよくある女性の名前に由来する。(ラテン語で「尊い女性、家族の母」を意味する。モーチャ、マトリョーシャ、マトリョーシカはその愛称である)≫

  

もっと踏み込んだ記述を望むのは、

欲張りというものだろうか。

  

この本は、学術的、歴史的に論じていて、

少々お堅い風体だが、かなり貴重な写真が掲載されているし、

最近活躍している作家の作品も載っているのが嬉しい。

お気に入りのマトリョーシカを眺めながら、

この子がどんな場所で、どんな風につくられていて、

自分の元にやってきたのかと

想像して読むのも愉しいかもしれない。

  

私は写真の煌びやかさに

舌鼓を打ちながら読ませていただいた。

おすすめです。

  

(店主YUZO)

7月 10, 2013 ブックレビュー | | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

ロシア語講座が新しくなったのを知っている?

  Photo

 

早いもので2013年も半年が過ぎた。

開いたままの口は、塞がらないどころか、

ため息さえも出ないのである。

 

以前に書いた初心者向けのロシア語講義は2年目を迎え、

残すところ、あと半年となってしまったのだが、

格変化の多さに驚愕し、

新しきを覚えるたびに古きを忘れる

記憶力の無さに唖然とし、

もう落ちこぼれを通り越し、ただ椅子に座ったままの

考えぬ人」に化しているからである。

 

銀座に店を移転してからは、

外国人が来店することが頻繁になり、

英語のみならず、スペイン語、タイ語、

中国語、韓国語、もちろんロシア語と、

多くの言語に接する機会が増えた。

 

笑顔を振りまくだけの無口な日本人で駄目だと、

会話を試みるのだが、とっさのひと言が口を突かずに、

池の鯉のように、モゴモゴと口を動かしているのみ。

英会話教材のCMに出てくるオジサンのような失態を、

堂々と見せつけている。

 

「日本の夜明けは近いぜよ」と言い放った偉人がいたが、

まだ私の足元には光すら差し込んでいない。

 

ところでEテレのロシア語講座が、

4月より新しく番組が刷新されたのをご存じだろうか。

私の記憶が確かならば4年ぶりである。

サンクトペテルブルクの魅力をたっぷりと紹介して、

ほかのイタリア語やスペイン語講座のように、

タレントと一緒に学ぶという親しみ易さを狙った

番組のスタンス。

ソチ・オリンピックを間近に控えて、

ロシア語を学びたい人も増えるのではという

目論見からの刷新だと思われる。

 

それなのにタレントのテンションの高さとは裏腹に、

何処となくギクシャクした言葉のやり取りが、

いかにもロシア語講座らしい。

個人的には、以前の沼野恭子先生のように、

文法や格変化をしっかりと覚えてくださいという

凛とした態度のほうが性にはあっている。

   Img_arena

さて、この番組でロシア語を学んでいる方へ、プチ情報。

サンクトペテルブルクの魅力を紹介している

アリーナさんは、2006~2007年版「地球の歩き方」の

巻頭に出ている方と同一人物です。

 

ただそれだけなのですが。

   

そんなことよりも、

単語のひとつでも覚えればいけないのに。

やれやれ。

 

(写真はNHKのホームページから拝借しました)

 

(店主YUZOO)

7月 3, 2013 ロシア語 | | コメント (0)