« ロシア語でテイクアウトは何という? | トップページ | 日本人作家によるマトリョーシカ展のお知らせ »

2012年11月26日 (月)

グジェリ工場訪問記(1)

019 

今日は買付け旅のメインというべきグジェリ工場訪問の話。

グジェリといえばロシアを代表する磁器であり、

白地に鮮やかなブルーで描かれた模様や絵は、

手書きならではのユーモラスな可愛さがあって日本でも人気。

リーズナブルな価格のせいか、ロシアでも愛用されている

いわばロシア版瀬戸物という存在。

 

前回、コブロフさんに

「次にロシアに来た時、行きたい場所があったら連れて行くよ」

と言われていたので、メールでグジェリ工場と伝えておいた。

マトリョーシカだけがロシアの工芸品ではない。

それに工場見学好きの私にとって陶器工場は、

空を飛ぶクジラのように魅力に満ち溢れている場所。

 

グジェリはモスクワから鉄道で40分程度の場所。

それなのに、何故かコブロフさんとの待ち合わせは次の駅。

(その理由は後で知ることになるのだが)

グジェリ方面はカザンスキー駅が始発で、

息子アントン君が大学に行く前に迎えに来てくれるのこと。

アントン君といえば旧版『地球の歩き方』に

コブロフさんと写真に納まっていた10才の少年。

もう大学に通っているのだから、

月日が経つのは光陰矢の如しよりも早い。

 

さてロシア鉄道について簡単に説明すると、

東京駅のように一箇所のターミナル駅から東西南北に

拡がっていくのではなく、行きたい場所、方向によって、

それぞれ発着駅が異なる。

たとえばセルギエフ・パッサードに行くにはヤロスラーブリ駅、

サンクトペテルブルクへはレニングラード駅という具合に、

駅名が行き先を示している。

その法則に従いモスクワ市内に9のターミナル駅があるのだ。

 

ちなみにヤロスラーブリ駅はシベリア鉄道の終着駅でもある。

もし帰りの旅費がなくなった場合は、線路沿いにひたすら歩けば

ウラジオストックまでは行ける。

あくまでも理論上は。

 

小さい頃、ローカル線の乗り鉄だった私は、

ロシアの鈍行に乗車できるというので、やや興奮気味。

ディーゼル車なのか、電車ならば釣りかけ式モーターなのか

と思いを膨らませている。

無事アントン君とも巡り会えて、いざ出発と行きたいところだが、

折り返しが電車が遅れているのアナウンス。

掲示板の発車時刻は0:00時と表示されたままである。

カザンスキー駅には日本の待合室のように、

雨風をしのげるようなガラス張りの部屋はなく、

肌寒い中ひたすら耐え忍び、列車の到着をじっと待つしかない。

忠犬ハチ公の心境。

 020

しかしアントン君はロシアの鉄道が時刻通りでないのは

心得ているようで、正統的ロシア的思考

「ニチェボー(仕方ないの意)」を決め込んでいる。

「あと30分もすれば着くでしょう」と予想なのか、慰めなのか

希望なのか、はたまた予言なのか、

アントン君は根拠のない展望の言葉を吐く。

 

すると、どうだろうか。

30分後に、列車が時間に遅れて誠に申し訳ないデスと

眉毛の下がった顔つきで入線してきたのである。

 

恐るべし、アントン君。君は預言者なのか?

(つづく)

 

(店主YUZO)

11月 26, 2012 海外仕入れ |

コメント

コメントを書く