« ロシア語は学んでいるけれども(4) | トップページ | ロシア語を学んでいるけれども(5) »

2012年7月 5日 (木)

サーカスがやってくる ヤ-!ヤー!ヤー!

Photo 

ロシア文化フェスティバル組織委員会より、

ボリショイ動物サーカスの案内をいただきました。

 

ボリショイ動物サーカスといえば、日本では

ベンチャーズと同じくらいの来日数を誇る夏の風物詩。

今サーカスというとアレグリアやシルク・ド・ソレイユなどが

有名ですが、動物が出てきて、ピエロの道化があって、

少し哀愁を帯びているのが本来のサーカスのかたち。

 

その点ではボリショイ動物サーカスは、

私たちのイメージするサーカス小屋にぴたりとあいます。

 

Photo_2 

いただいた資料によると来場者年齢層は、

親子連れが多いというのも王道サーカスならでは。

火の輪をくぐる虎や樽に乗る熊に、子供たちの驚いた顔が

目に浮かびますね。

Photo_3   

来場回数も一度観たら、また観たいというのも、

王道サーカスならではのファンタジーな世界があるからでは。

ちなみに芸をする動物は、象、熊、豹、犬、猫ですよ~。

猫さえも調教してしまうロシア人の根気には恐れ入ります。

  

ボリショイ動物サーカスは福井を皮切りに、東京(有明コロシアム)、

大阪(大阪府立体育館)、新潟(新潟メッセ)

もちろん私も8月に観にいきます。

 

詳細は下記のホームページに載っています。

動物たちがどんな芸を見せてくれるか今からワクワクしますね。

 

http://www.bolshoicircus.com/

(店主YUZO)

7月 5, 2012 展示会情報 |

コメント

コメントを書く