« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月28日 (木)

かっこ悪くても生きなければならないだろう

Photo  

熱心なファンというのではないのだが、

日頃から言動や行動が気になるひとがいる。

道しるべのような存在。

 

日々の泡に揉まれているうちに、厭らしさ、卑しさ、見栄やら、

欲望やらに、どっぷりと骨の髄まで浸かってしまうと、

このような生活は果たして望んでいたものかと、

反省どころか懺悔にも似た気持ちに苛まれることがある。

私がこの世からいなくなっても地球は廻り続けるし、

世界が大混乱に陥ることもない。

 

それなのに何か理由をつけては進もうとしない。続けようとしない。

しっかりと腰をすえて自分が本望とすることに、脇目もふらずに

注力すべきだとおもうのだが。

そう簡単にいかないのが、私の人生のようである。

 

早川義夫『たましいの場所』(晶文社刊)。

題名からすると偉大な得のある僧侶の説教本のように思われるが、

若い頃は先鋭のミュージシャン、それから町の本屋さんに転向して、

その店を諸事情で閉じると、再び音楽活動を始めた人。

再開までには30年近い月日が流れている。

 

しかし鉄の信念を抱いた人というわけでなく、

着飾らない純粋な言葉で歌うことは、

とても恥ずかしいことけれども、この心の奥に潜んでいる気持ちを

表すのには笑われても仕方ないと、ぼんやりと考えている人である。

 

この本で書かれている言葉は、至ってシンプル。

ゆえに、いつの間にか失ってしまったことに気がつかせてくれる。

 

「芸術は感動するものである。感動しないものは芸術ではない。それは、音楽も、仕事も、人間も、恋愛も、何でもそうだ。人を感動させて、はじめてそのものになれるのだ。感動しないものは、なにものでもない」

「今、輝くことができれば、過去も輝くことができる。僕たちは、過去に生きているのではない。今を生きているのだ」

「本当の評論は、人のことより、自分のことを書く。自分がいったい何者かを書く。なぜそれに感動したのか。感動はどこからやってくるのか。なぜそれに感動しないのか。自分の心を書く」

 

デビューアルバムの題名に

『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』

と23歳でつける人である。

ゆるやかで純粋な創作姿勢は、まったく変わっていない。

その姿勢が、自分の座標軸を失いかけたときに勇気付けられる。

稀有で大切な存在である。

(店主YUZO)

6月 28, 2012 ブックレビュー | | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

有隣堂アトレ川崎店にマトリョーシカ!

Photo 

今月の22日より、有隣堂アトレ川﨑店で、

マトリョーシカのプチ展示をしています。

 

あえて作家作品ではなく

馴染みの深いセミョーノフ、セルギエフ・パッサードの

リーズナブルなものを揃えて、

お客様に楽しんでもらえるようにしました。

Photo_2 

人気のロシアバッチ、ボゴロツカエの木のおもちゃ、

チエブラーシカのマトリョーシカも並べてみました。

 

写真の右側に写っているのは、有名な幕末の志士です。

誰でしょう?

ヒント・土佐藩出身のあの方です。

大河ドラマでは福山雅治が演じていました。

ちなみにこのマトリョーシカは、本人にも、福山雅治にも似てません(笑)

 

Photo_3 

ぜひ、この方に会いに有隣堂アトレ川﨑店に遊びに来て下さい。

駅ビルですから、梅雨時でも濡れずに行けますヨ。

 

(店主YUZO)

6月 26, 2012 展示会情報 | | コメント (0)

2012年6月24日 (日)

瑞々しきモスクワ留学

Photo   

今日はモスクワ留学記、渡辺瑞枝著

『ファンタスティック。モスクワ留学』(第三書館)の紹介。

以前に紹介した『零下20度でアイスクリーム』と同じく

1990年代の留学記だが、大学職員の役所的紋切り型の対応、

必要書類の提出の煩雑さは両本ともに通じるが、

全体に漂うモスクワの空気、学生たちの雰囲気が、決定的に異なる。

 

『零下20度~』はソビエト連邦崩壊直前の留学、

こちらは新生ロシアに変わってからということが要因になっているのだろう。

共産主義体制から解放されて、

自由を満喫できる土壌ができたからという単純図式ではない。

これから自分なりの価値観をどこに置くべきか、

ロシア人としてのアイデンティティは

何なのかと手探りしているようにさえ感じられる。

 

 

店頭にパンが無いことを、国の体制が悪いと不満を言えば済んだ時代と、

店頭にパンが並んでいても買えないことに悩まなければ時代の違いというべきか。

あまり例として適切ではないが。

 

 

著者はモスクワ大学ジャーナリズム部に籍を置き、

学生に意識調査のアンケートを試みたり、

新聞社にインタビューに出向いたりと精力的に活動をする。

その行動力には、ただただ敬服するのみ。

 

 

その大手メディアではできないアンケートの結果は、学生対象だけに、

新しい国の体制に素早く順応しているものの、

決して物質的価値のみに自分の基準を合わせず、

「ジャーナリストの使命は市民に信頼できる情報を届け、社会の国家に対する監視機能を実現すること」、

「人々、社会、政府の間に立つ仲介者かつ、信頼できる確実な情報提供者になりたい。世論形成の手助けをしたい」といった回答が目立った。

 

新しい国を健全な方向へと導いていきたいという希望が感じられる。

 

 

また巻末にイズベチア紙に掲載された

「ロシア人の思考傾向は非経済的」という記事の翻訳が載っている。

ロシア国民の非生産的な経済活動を非難しているまではなく、

 

むしろ「可能性の平等な社会」を望むがゆえ、

安直な国営企業の民営化に対して、

国民の多数が違和感あるという記事である。

政治というのは国家体制の維持のため、

もしくは一部の特権階級が利潤を享受するために、

言葉巧みに国の財産を売却したり、解体したりすることがある。

それに対しての警告である。

 

国の体制が180度転換しても、

しっかりとそのような動きに対して

異議申し立てを行うジャーナリズム、しいては

ロシア国民は、私たちよりも健全だと思わずにはいられない。

と、お堅い物腰で書いてしまったが、

この本自体はロシア留学を考えている人にお勧めですヨ。

 

 

(店主YUZO)

6月 24, 2012 ブックレビュー | | コメント (0)

2012年6月19日 (火)

亡命するならヴェネツィアへ

Photo_2  

ヨシフ・ブロツキーというロシアの亡命作家が書いた

『ヴェネツィア』(集英社刊)を読んだ。

ブロツキーは亡命先のアメリカでも創作活動を続け、

87年にはノーベル文学賞を受賞している

輝かしい経歴の持ち主なのだが、

ノーベル文学界にも疎い私は、この本が初読。

 

作家はアメリカ亡命後、毎年のようにヴェネツィアを訪れて、

千年一日の街並み、静かな喧騒、やわらかな水の流れ、

熟れた陽差し、語りかけるゴンドラなどが、

網膜や鼓膜に焼き付いてしまうぐらい好んでいたようで、

それゆえ愛憎にも似た思いを綴っている。

 

ではこの小説、どんな物語なのかというと、

はっきりとした筋立てはない。

 

遠い昔、夏休みの課題図書として読んだ、もしくは読まされた

リルケ「マルテの手記」や太宰治「晩年」といった作品と

同系列といって差し支えない。

つまり文学的な、あまりにも文学的な作品なのである。

 

物語がないゆえ、大河ドラマやサスペンスに毒された

現代人には、この種の本はきついものがあるが、

逆に、開いた頁から読んで、好きな文脈を見つける

という楽しみがあるのも事実。

 

それでは個人的に印象に残った文を紹介。

「有限を知るものだけが、永遠を認識できるのだから」

 

「結局のところ全能の神のように、ぼくらはすべてのものを自分自身のイメージで造りあげる。もっと他に信頼できるお手本がないからだ」

 

「なぜなら美は目が休息する場所だからだ。(中略)そして美学の一番の道具である目は、完全に自立している。そしてその目よりさらに自立しているのが涙である」

 

「愛というのは無我の感情で、一方通行なのだ。だからこそ町や建築そのもの、音楽や過去の詩人を愛することができるし、そして特別な気質の人にとっては、神も愛の対象になりうる」

 

さすがにノーベル賞作家の言葉は深い。

 

この作家、アメリカに亡命したのに、何ゆえヴェネツィアに

恋焦がれたのだろうと、ふと思い立ち、生誕地を調べてみた。

レニングラード(現サンクトペテルブルク)。

この街はピョートル大帝がパリに憧れて建都した庭園都市。

無数の運河がひかれて水の都の赴きもある。

 

ブロツキーは水上都市ヴェネツィアに、生まれ故郷の安らぎを

重ね合わせていたのだろうか。

(店主YUZO)

6月 19, 2012 ブックレビュー | | コメント (0)

2012年6月17日 (日)

バーバーヤガは心優しきお婆さん?

Photo  

今日はロシア民話の話。

先日、『世界の民話』(全12巻・ぎょうせい刊)を手に入れた。

持ち金がなかったので、ロシア民話が収録されている

東欧Ⅱのみを泣く泣く購入。

 

個人的な思いとしては、マトリョーシカ界でもお馴染みの

バーバーヤガが、どんな役割で登場するのか

が気になるところである。

 

最初に収められているのは比較的に有名な「かえるのお妃」。

三人の王子がお妃をむかえいれる年頃になり、

王が放った矢を手にした者をお妃にしないという言い付けの許、

三人はそれぞれ相手を見つけるのだが、

不運か幸運か、末っ子はかえるが矢を手にしていたため、

かえると結婚することになってしまう。

 

周囲から嘲笑を買うなか、かえるは美しい布を織ったり、

美味しいパンを焼いたりして、王家の人たちを驚かせる。

というのも、このかえるは龍の呪いのために、

かえるに姿を変えられた美しい娘。

その美しい娘に再び逢うために王子は、

「三十番めのよその国、骨足のババ・ヤーガのところ」

へ旅に出るのである。

 

さてその骨足のババ・ヤーガと王子が出合ったときの会話。

 

「ときどき来て、頭のしらみを取ってくれる子だね」

「えっ?どこにいる?教えて」

「弟のところで働いているよ。日やとい女だね」

そして王子が熱心に弟の居場所をきくと、

「(中略)だが、気をつけな、ひどいめにあうよ!そのお妃とやらを見つけたら、一目散につれて逃げるんだよ。わき見をするんじゃないよ」

王子はババ・ヤーガに礼を言って立ち去った。

 

この民話ではバーバーヤガは親切なお婆さんの役。

身内の許で下働きしている

お妃を救うための助言をしているのである。

 

実はこの「かえるお妃」は

ソビエト時代にアニメ化している話なので、一度ご覧あれ。

妖異な風貌のバーバーヤガは黒魔術の祈祷師のようでもあり、

森の中で出会ったら、まず逃げ出すだろいう異様さ。

親切な心持ちとのギャップを映像で楽しむことができる。

他人を風貌だけで判断してはいけないという良い見本。

性格というのは、一筋縄ではない。

 

ちなみにお妃をかえるに変えてしまった龍は、

三つの頭を持っていて、火を吐いたりと

ゴジラ映画の敵役キングギドラに瓜二つである。

古今東西問わず、

民話に描かれる怪物の創造性には驚かされる。

 

この民話集には、ほかにも上半身が人間、下半身が熊

という「イワン・くまっ子」。

長靴をはいた猫と似た「雄ねことばか息子」。

欲深い人間には天罰がくだるという「魔法のぼだい樹」。

奇想天外な話が収められていて、

つまらない小説を読むより数段面白い。

 

上記の挿絵は「イワン・くまっ子」。

横にいるのはくまっ子に騙される小悪魔ちゃん。

とてもキュート!

(店主YUZO)

6月 17, 2012 店主のつぶやきブックレビュー | | コメント (0)

2012年6月11日 (月)

ロシア語を学んでいるけれども(3)

Photo 

ロシア語講座はいよいよ格変化や動詞の変化に入ることに。

さらに女性、男性。中性名詞に合わせて様々な形になり、

話し相手によって変わる時もあるから始末が悪い。

 

スレッ枯らしの脳には、新たな言語を覚えるようなメモリーは

残っていないし、舌も炭火で炙られたかのように呂律が回らない。

もう先が見えたようなもの。

そんな切羽詰まった気持ちが表情に出ていたのか、

先日の講義はロシアのアニメやニュースを観ることになった。

 

講座の副題は、近くて遠い国ロシアの言語と文化に触れてみよう

とあるので、あながち突飛な出来事ではないのだが。

『チェブラーシカ』の一部、短編アニメ『ミトン』、

警察が麻薬売人のアジトに強行突破する手荒な映像など。

窓の格子にロープをジープに結んで破壊し、

乗り込む警察の方法に、受講生一同、唖然。

 

私といえば、久しぶりのロシアのニュースに思わず笑顔が零れる。

ニュースの普及の名作というべき、

「プーチン大統領の虎退治」をもう一度見たくなってしまった。

 

驚嘆の声が上がるなかで、『ミトン』が流れた途端、

その詩情あふれる映像に、教室に暖かく優しい空気に包まれた。

 

『ミトン』は犬を飼いたくてたまらない少女が、母親に反対されて、

仕方なく赤い手袋を子犬にみたてて独り遊んでいると、

その手袋に願いがつたわったのか、子犬に変身するお話。

台詞はまったく無いのに、パペット人形のちょっとした仕草で、

少女の淡い気持ちを表現している。

 

私は子犬が、また手袋に戻ってしまったとき、

もう一度子犬に戻らないかなと、手袋にミルクをあげて、

優しく手袋をなでているシーンが好きで、

何度見てもホロリとしてしまう。

涙腺か弱くなったのは年齢のせいではない。

 

この『ミトン』を制作したのは『チェブラーシカ』と同じスタッフ。

流れている風邪の香りし同じ、切ないほどの優しさである。

 

生活の泡で、心が刺々しくなったり、

人間関係で気分が塞がったりした時に観ると、

春の息吹が深雪を溶かすように、

頑なな心をゆっくりと和らげてくれます。

 

市販のDVDは

『ママ』、『レター』と3本の短編が収められているので、

その日の気分によって選ぶのもお勧めかも。

 

それに一度にすべて観てしまうのも、もったいない気がすねしネ。

(店主YUZO)

6月 11, 2012 ロシア語 | | コメント (0)