« ドナルド・ダック・ダンの死 | トップページ | ロシア語を学んでいるけれども(2) »

2012年5月21日 (月)

ロシア語を学んでいるけれども(1)

Photo  

実は、この4月からロシア語を学んでいる。

 

いつもロシア仕入れの際、なんちゃって英語に

申し訳ない程度にロシア語を足した会話は、

たぶん火星人並みの語学力で、

「欲シイダヨ、少シ。5コダケ。コノまとりょーしかイイダガネ」

のようなことを恥かしげもなく、話していたように思う。

 

ロシア語の授業は毎週水曜日。

「はじめてのロシア語」とう超入門講座で、

頭にも耳にも優しい内容。(もしかして胃にも)

 

しかし通っているのは、何と語学教育の最高峰、

○○外語大学の一般市民講座で、受講者は

すべて社会人、仕事を終えてから何かを学びたい

という意欲的な人ばかり。

 

だいたい英語の偏差値は、中高と40をキープしていた

語学拒否に凝り固まった頑なな頭の持ち主ゆえ、

落ちこぼれ生徒になるのは、早々に覚悟しなければならないが

今のところは、少しは慣れ親しんでいるキリル文字の

アルファベットと挨拶の慣用句だけに、

何とかしがみついている。

 

「青年老い易く、学成り難し」と古人は上手いことを言ったもので、

今の私は「中年ボケ易く、記憶力まるで無し」なだけに、

今後、予断は許さない。

 

という流れも手伝って、ついに露和辞典(研究社)を

大枚はたいて買ってしまったのである。

この辞典、ロシア語を専攻する大学生の必需品。

こんな高価なものを臆することなく買ってしまう

社会人の根性がいやらしい。

 

休日は、ぼんやりと辞典を眺めているのだが、

いくつか面白い発見をしてはロシア人の感性に驚いている。

молодец

これは「偉い!」「よくやった!」といった褒め言葉なのが、

それ以外にも「若者」という意味もある。

若さゆえ、頑張ったときは褒めてあげようという親心なのか、

それとも若いというだけで素晴らしいということなのか。

 

これが動詞になると、

молодеть

「若返る」という意味だそうだ。

 

やはり歌にもあったように、

♪若いって~素晴らしい~

という少し嫉妬にも似た気持ちが語源の言葉かもしれない。

 

(店主YUZO)

5月 21, 2012 ロシア語 |

コメント

コメントを書く