« プロ野球を愛するすべての人に | トップページ | 酒樽を抱えてペトゥシキまで »

2012年4月 4日 (水)

花粉症VSノーガード戦法

Photo  

桜の便りは未だに聞かないが、花粉症は真っ盛り。

洟水と涙目に苛まれ、

毎日をぼんやりと過ごしている人も多いと思う。

もちろん私もその一人であるが。

 

昨年私は、一生付き合わなければならない相手ならば、

無理に薬などを処方せずに、無二の親友として共にする

通称ノーガード戦法というのを思いつき、試みた。

薬を服用するから花粉も、

そちらがその気で対処してくるのならば、

こちらも本気で戦いを挑まなければならないと、

猛威を奮ってくるのではないかと考えたからである。

 

国際関係と一緒。

こちらが防衛と称して兵力を増強すれば、

相手も軍事に力を入れてくる。

それならば花粉が多く舞おうと気にも留めずに、

涙は流れるまま、くしゃみも出るままに過ごしたほうが、

相手も馬鹿らしくなって私にまとわりつくのを止めるにちがいない。

 

この壮大な実験ともいえるノーガード戦法の結果はというと、

残念ながら、ほとんど例年どおり。

朝のうちはくしゃみ連発、海亀の眼の状態なのだが、

昼頃には症状が少し緩和。夜には自覚すらなしであった。

ただ前日に深酒をすると、次の日は過度に反応する羽目に。

それを知っただけでも収穫。

自分の身体というのが少しわかった気がした。

 

ということで今年は、

たまに薬を服用するプチ・ノーガード戦法を実践中。

 

さて冒頭の写真は、

ソウルの女王アレサ・フランクリンの名盤「レディ・ソウル」。

アレサは、未だ来日していない大物シンガーの一人である。

 

この人の力強い歌声を聴くと、花粉症の悩み自体

とても小さな事柄にさえ思えてしまうから不思議だ。

この世の中には考えなくてはいけないことで溢れているし、

人生は喜びに満ちていなければいけないと、

神々しい声で説教されているかのようである。

 

絶対にアレサは花粉症ではない。

断言できる。

(店主YUZO)

4月 4, 2012 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く