« マトリョーナ、君はいずこに | トップページ | プロ野球を愛するすべての人に »

2012年3月26日 (月)

音楽で花粉症は治るか?

Photo  

春は。

春は別れと出会いの季節と言いたいところだが、

私にとっては花粉の季節。

眼は産卵中のウミガメのようにウルウルとして、

鼻の穴は廃坑になった炭鉱のように深く閉ざされたまま。

無気力の井戸に放り込まれて、休日はひたすら惰眠を貪る

怠惰な生活に堕ちている。

 

潤んだ眼では読書する気分にもならないし、

もちろんマトリョーシカをつくろうという気分も起こらない。

 

ということで音楽を聴く時間が必然的に多くなる。

鼻の穴はずっしりと塞がったけれど、耳の穴は通じている。

清涼感のある音を聴いて、

少しでも閉塞した気持ちを耳から開放したいのである。

 

昨日は二十数年前に流行したブルガリアン・ヴォイスを聴いた。

当時、神秘のハーモニーと注目され、

ワールド・ミュージック・ブームも追い風となって来日も果たしている。

残念ながらコンサートに行くことはできなかったが、

音楽評論の大家・故中村とうよう氏に

「ブルガリア合唱を体験すると、音楽に対する感性がフッ切れるのである」

と言わしめた素晴らしいステージを繰り広げた。

 

その言葉とおり、この公演期間中、日本独自の企画で

ライブ盤1枚と録音盤2枚の、3枚ものCDがつくられた程だった。

 

人間の歌声とハーモニーは、どんな楽器よりも優れている

という言葉を再認識させてくれる中身の濃いCDである。

 

ちなみにブルガリアン・ヴォイスを簡単に説明すると、

日本人が好んで歌う合唱曲や

ウィーンの聖歌隊のような澄み切った歌声で歌うミサ曲でもない。

ブルガリアの古い民謡や祝祭歌、農作業の歌などを

現代的にアレンジして歌われる、いわば土着の歌である。

発声も地声のままに歌われ、何の装飾もない。

ただハーモニーとリズムは複雑に絡み合いながら融合し、

幾何学模様の手織物のようである。

もし興味ある方がいましたら、一度聴いてみては?

 

さて冒頭の花粉症の問題。

以前、雑誌にヨーグルトを食べ続けたら、いつの間に治っていた

という記事が載っていて、早速試したことがある。

1年間、3日に1箱というペースでブルガリア・ヨーグルトを食べた。

砂糖は不要、常温で食べたほうが効果ありというので、

それも律儀に守って。

 

結果は言うまい。

(店主YUZO)

3月 26, 2012 店主のつぶやきCDレビュー |

コメント

コメントを書く