« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月25日 (水)

マトリョーシカの国2012のDM

0001 

このブログでも度々ご案内している

『マトリョーシカの国2012』展のDMがようやくできました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

期間 2月8日(水)~2月12日(日) 12:00~19:00

 

第2回目と同じく、木の香の展示は別館「百想」になります。

〒180-0004

武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103

 

※中道商店街を5分ほど歩いた左側。

 1階がPoolという文具雑貨のお店になります。

 2階のマトリョーシカの国旗が目印です。

 

また日本の作家を中心とした展示はre:tail本館になります。

〒180-0004

武蔵野市吉祥寺本町3-3-9   2F

※総勢70名以上の作家・クリエーターが参加するそうです。

  これだけのマトリョーシカが集合することはないと思います。

  圧巻ですね。

※土日13:00~マトリョーシカ・ワークショップを行います。

   予約制になっていますので、

 下記の問合せフォームでご連絡ください。

 またDMをご希望の方も下記のフォームでお願いします。

https://kinoka.woodburning.jp/contact/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

とにかく開催期間は雪や雨が降らないことを願っています。

去年も雪が降って寒かったし。

とは言ってもロシアの寒さに比べたら春先みたいなものか・・・。

 

(店主YUZO)

1月 25, 2012 展示会情報 | | コメント (2)

2012年1月23日 (月)

可愛いはつくれる!?

  561  

 

60

  

以前、化粧品のCMで「可愛いはつくれる!」という

コピーを聞いて愕然としたことがあった。

同じようにテレビを見たまま凍りついた男性諸氏も多かったと思う。

可愛いの定義は、先天的および遺伝的なものに内包していて、

フィットネスやジム、美容エステに通っても、

その努力は肉体的なものを追及した別次元、

可愛いは持って生まれついた者だけに、そう簡単には

手に入れることはできないはずと信じていたからだ。

 

それが化粧ひとつで、文字どおり可愛く変身してしまうのである。

もしくは化けてしまうのである。

 

可愛いが一部の人だけの特権であったものが、

あのCMで一般に解放された歴史的瞬間だったのだ。

まさに可愛いの革命。

 

以後、可愛いという言葉は特別な意味を持たなくなり、

ゲームのキャラクター、携帯電話の着信音、先の丸い靴にまで、

可愛いが使われるようになったと結論づけるのは言い過ぎか。

 

さて何故、可愛いについて考えたのかというと、

今マトリョーシカ制作の真っ只中。

可愛いマトリョーシカは何ぞやという疑問が沸いたからである。

 

だいたい初めてマトリョーシカを見る人は、

十中八九、見るやいなや「可愛い!」を連発する。

それが作家もの、工場ものでも、絵が稚拙、芸術的でも、

そんなことはまったく気にしている様子はない。

 

つまりマトリョーシカ=可愛いという回路に繋がっているのだ。

可愛くつくることを意図していない作品にまで、

可愛いの一言で片付けてしまうのだから、

それではつくる側としては少し淋しい。

 

そこで逆転の発想で、自分なりの定義する可愛いは何かと

試行錯誤してつくったのが上の写真である。

一般的に可愛いと呼ばれるものは単純化されている。

キティーちゃん然り、ミッフィー然り、チェブラーシカ然り。

単純なものほど、目や口の位置、大きさや角度で

全然印象が変わってしまう。

ほんの1mm違うだで大人の顔になってしまうのである。

 

究極の可愛いは、単純化されたもの。

今回は名だたるキャラクターのデザインの深さに眩暈を感じた次第。

 

そのうち化粧品のCMで「可愛いはシンプル!」という

コピーが発せられるかもしれない。

 

(店主YUZO)

1月 23, 2012 店主のつぶやき | | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

橋本洋美さんの作品を紹介します

Goto2012_1  

知り合いのイラストレーターの橋本洋美さんから

作品展の案内をいただきました。

紀伊國屋書店新宿南店6Fで
「YOUNG ARTIST'BOOKS FAIR」 に
手づくりの絵本を何点か出品されているそうです。
 
 
 
橋本さんとは昨年企画した
震災チャリティー展「ささえあうものをつくる手」に 
協力いただいてからのお付き合いです。
 
Original34big_  
ブルーとグリーンを基調にした幻想的な作品は、
どこか懐かしい、心穏かにしてくれる素敵なイラストです。
 
 Original26big  
橋本さんのHPは下記になります。
ここで紹介した作品以外も素敵な作品がたくさん載っています。
 
ぜひ新宿に遊びに行った際は、
紀伊国屋に寄られてはいかがでしょうか。
心癒されますよ~
(店主YUZO)

1月 19, 2012 展示会情報 | | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

テスト前日とマトリョーシカ

Photo_5  

Photo_6  

吉祥寺のマトリョーシカ展まで3週間を切った。

 

企画しているギャラリー・リテイルのHPにも

展示会の詳細が告知され、

参加する作家、クリエーターのリストが載り、

もう春はそこまでという気分を演出。

また産休のしましましゃからも、子育ての合間に頑張って

作っていますとメールが入り否が応にも盛り上がる。

(下記は展示会の詳細頁)

 http://thetail.jp/archives/7692

 

しかし私自身は作品作りが進んでいないのが実情で、

昨晩も風邪を完治していないと理由をつけて、

古いブルースを聴きながら炬燵で温くなって、

「体調が優れないと良い物つくれないし、明日からが本番!」

と炬燵蒲団の合間から首から出して嘯いている。

 

ああ、一夜漬け人間の典型的な言い訳。

 

女性が男性を傷つけずにフルときの言う

「そんな風に考えても見なかった。今まで通り友達としてならば」

と同じぐらいミミタコの常套句である。

 

思えば学生時代も

テスト前日になってから机に向かうのが常習で、

一点集中でヤマを貼りテストに挑む、オール・オア・ナッシング、

天国か地獄、王様か乞食、猿か蟹、

謂わば賭博師的な取組姿勢。

つねに補習とは背中合わせの学生生活だった。

 

雀百まで踊り忘れず。

 

筋金入りの一夜漬け魂が展示会が迫ったぐらいで揺らぐわけがない。

それにマトリョーシカ展には怖い補習がないからね。

百まで踊るよ雀の私は。

 

とは言うものの、木の香の常連さんから、

有給休暇をとってでも必ず行きます、

モスクワから帰国するので楽しみにしています、

風邪をひいているのに作品つくり頑張っていますね

と激励や応援メールが入ると、

このぐうたら精神に喝を入れて、日常に浮かれず動じず、

作品つくりに注力しなければと思う次第。

 

上の写真は今日完成したマグネットが6個。

可愛く描けないのが私らしい。

しかし私は他人から褒めて伸びる人間である(笑)

(店主YUZO)

1月 18, 2012 展示会情報 | | コメント (0)

2012年1月16日 (月)

風邪をひいたマトリョーシカ

  

  Photo

Photo_2

年明け早々に風邪をひいたみたいで、すこぶる調子が悪い。

来月にマトリョーシカ展を控えて、最後の追い込みだというのに、

この体たらくには困ったものである。

 

この休日は床に臥しながらも、時折食卓に向かい

マトリョーシカの色付け作業。

ちなみに私には工房など無いゆえ、食卓が作業場を兼任。

根をつめて少々疲れが出てきたと身体が訴えてきたら、

床に戻るの繰り返し。

 

自分が著名な工芸家であれば、このような態度は

妥協をゆるさぬ創作意欲に写って、聞こえが良いが、

実際はマトリョーシカ制作に生活がかかっていない、

名声を得ているわけでもない、謂わば道楽そのもの。

床を出たり入ったりする様は、干潟に住む蟹のようで、

呑気の極みである。

 

何ゆえ風邪をひいてしまったのだろうと、

思いを巡らしているうちに、

ふと流行した風邪の名前に、スペイン風邪、

香港型、ソ連型があったのを思い出した。

 

当然、自分が罹っているのはソ連型と勝手に決めつけ、

パソコンで調べてみた。

ソ連型が流行したのは1977年から1978年の1年。

今から30年以上も昔の話である。

しかも世界的に広まったのではなく、

ソビエトだけの局地的な流行だったらしい。

原因はソビエトの研究所で保管されていたウィルスが、

何らかのかたちで外に流出したという見方もあるとしか、

書かれていない。

後にも先にも、それのみ。

情報統制を敷かれた国家体制ゆえ、不明な点が多すぎて

詳細な内容を書くための資料が少ないのだろうか。

 

症状、処方箋、ウィルスの潜伏期間について知りたいのに、

足の小指に蚊が刺したようで、むず痒くて口惜しい。

 

ということで自分はソ連型の風邪に侵されていると信じて、

咳き込み胸をおさえながら、雛のマトリョーシカを完成させた。

病に罹っていると極楽浄土のごとく、

色彩がきらびやかになるのは偶然か。

この極彩色が今の私には心地よい。

(店主YUZO)

1月 16, 2012 店主のつぶやき | | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

マトリョーシカ展IN吉祥寺のお知らせ

01  

10日ぶりのご無沙汰です。

本年もよろしくお願いします。

 

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしょうか。

私といえば、大晦日から正月2日までは

酒、酒、酒三昧、しかもバラ無しの日々。

 

日本酒は一升、ワイン1本、焼酎ハーフ、ビール無限大

という酒天童子に憑かれたのかと思うほど、

よくもそこまで、天晴れという感じで飲みました。

これだけ消費すれば日本の景気も良くなるでしょうと、

酒天王と杯を交わし、嘯きながら。

 

しかし私の飲酒には習慣性はないので3日からは断酒。

マトリョーシカつくりに注力!

職人気質の風貌になって昼夜、

マトリョーシカつくりに精魂をこめたのでした。

 

というのも、2月8日~2月12日の5日間。

恒例となった吉祥寺のギャラリー・リテイルで、

マトリョーシカ展が開催されるために、

作品をつくらなくてはいけなくなったのがその理由。

 

ロシアのマトリョーシカを展示するのは当然として、

日本人の作品も展示するのが、この展示会の特長。

しかも去年は1000人近くのお客様の来場があり、

今年はそれを越えるとの予想。

「木の香」が厚意にしている作家にも

お声掛けしているのですが、

それだけでは作品が埋まりません。

といわけで作品つくりと相成ったわけです。

 

上の写真はウッドバーニングした雛のマトリョーシカ。

これからカラフルに色塗りします。

どんな作品になるのかはお楽しみに!!

 

展示会の簡単な内容については、

下記のHPになります。

http://thetail.jp/archives/5408

 

ということで、今年の私は一味違いますよ(笑)

(店主YUZO)

1月 10, 2012 展示会情報 | | コメント (0)