« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

白井裕子著「森林の崩壊」

Photo_2

先日、紹介した「日本の美林」が、

森林の豊かさがどれだけの恵を人々に授けてくれるのか、

古代の人々の知恵はなぜ森を守ることができたのか、

を説いた本ならば、

こちらは戦後の国の森林政策がいかにして、

日本の森林および林業を崩壊させてきたのか、

を強い口調で書かれた本である。

 

林業に従事する現場の人々の声をきかず、

予算計上したからには年度内に使ってしまおうとする行政。

補助金をもらうためにあれこれと書類制作追われる自治体。

 

多額のお金が飛び交う一方で、

実際の森林は荒れ果て、林業を職とする人は減り続け、

輸入木材に頼り切っている現状。

 

日本の行政の矛盾がここでも起きている

森林の崩壊は机の上で起きているのではない。

現場で起きているのだ

と危険と隣り合わせで一生懸命に森を守る人々の声が、

聞こえてきそうである

 

就職難でワーキングプアが作り出される都市生活と

片や後継者や希望者が減って荒れ放題の山林に里山。

人々に金融経済という価値しか示さない

市場原理などを越えて両者を結びつける方法はないものか。

 

マトリョーシカ屋の店主でさえ頭を抱えてしまう問題である。

 

それでは好例の印象に残った一文。

「木は生物材料であり、それぞれに性質が違う。人も生物であり、みな違って当然である。木を使って人が建てる木造建築も同じである。そこにあまりにも均質なもの、同質なものをもとめるのは、おかしくないのだろうか」

(店主YUZO) 

9月 30, 2011 ブックレビュー | | コメント (0)

2011年9月28日 (水)

井原俊一著「日本の美林」

Photo

今日は森林についての一考。

先日の紀伊半島をおそった記録的な豪雨を見て、

これは天災ではなく人災なのではと、ふと思った。

 

山肌を滑って谷底へと流れていく杉の木立は、

何と細くて貧弱なのだろうと。

しっかりと根を張っておらず、土も岩もがっしりと掴んでおらず、

杭のように整列したまま奈落へ落ちていく。

 

紀伊半島は森の神が住まわれる聖地である。

 

その聖地には神木や何世紀にも渡って生き抜いた巨木が、

山々のいたる所に生えていると想像してしまうが、

あのような光景を目の当たりにすると、

神々は人間の業に飽きれて、もしくは疲れきって、

もう日本とはちがう自然豊かな日出ずる国に、

住まいを移してしまったのかと痛感しまう。

 

日本の森林が荒れ果てた原因は、

戦後まもなく国の森林政策であるといわれている。

復興住宅の需要を考えて、山のいたる所に杉を植えた。

そして杉が育成する時間を考えず、というより時間を惜しんだのか、

木材の輸入自由化をして、安い外材を大量に買い込んだ。

 

そして追い討ちをかけるように、林業従事者の減少である。

国土の70%の森林を有しているのに、

5万人前後の人で守っているのである。

哀呼。

 

この本は、日本の林業政策を批判、暴露しているものではない。

日本の森林の美しさを伝えるために、

全国24箇所を巡った紀行文である。

もちろん吉野の山々や紀州・ウメバガシ林の記述もある。

 

そして、これらの森林の美しさは原生林ではなく、

古代の人々の知恵と経験から代々受け継いできた

人の手が入った森林だということ。

 

50年先、100年先を見込んで森林を管理していたのである、

古代の人々は悠久の時間で物事を考えていたのだ。

森林を守ることは、山の恵だけでなく、

海の幸の恩恵を授かることにもつながっていく。

 

今や常識的に語られるこの事実も、

古代の人々は科学的にでなく、直感的に知っていたのである。

 

この本の結びの項の言葉。

「森づくりでは、時間を縮めることが進歩ではない。時間をかけてこそ、新たな価値が生まれていく。機械を使うとすれば、人手を助け、森の生命を育むためでなければならない」

 

時間を短縮的に、効率至上主義的に、もしくは切り売り的に使うことで、

経済発展という甘い汁を享受してきた

私たちの価値観を変える時期にきているのかも。

(店主YUZO)

 

9月 28, 2011 ブックレビュー | | コメント (2)

2011年9月26日 (月)

小我野明子著「おとぎの国 ロシアのかわいい本」

 Photo_3

今日レビューをするのは、

ソビエト時代の絵本を紹介したカタログ本。

 

第一印象は、よくもまあこれだけ集めましたと、

尊敬の念にも似た気持ち。

 

紹介されているほとんどの絵本が

16~24頁ぐらいの薄っぺらいもので、

印刷も紙も粗雑で、よくいえば素朴な装丁。

しかもつくられたのがソビエト時代。

たぶんソビエトの崩壊で版権がうやむやどころか、

版下も無いと思わせるものばかりである。

 

これらの絵本を集めるには、

まめに蚤の市や露天商、古本屋などを巡らないと

手に入らないときている。 

 

私も人に頼まれて探したことがあるのだが、

状態の良いものは少なくて、

子供の落書きがあったり、ページが破れていたりと、

絵本というより小学生のお絵描き帳のような散々な状態。

苦い気持ちで手にしては、元に戻していた。

 

ただこの時代のロシアの絵本は、

素朴な優しさに満ちていて、いったんツボにはまると

とことん蒐集したくなってくる。

私に頼んだ人もそのような想いだったのだろう。

たとえでいうならば、

「ひかりのくに」の月間絵本をすべて集めたくなる

気持ちにも似た感覚である。

 

だいたい最近のロシアの絵本は、

欧米的な眼が大きく可愛く描いた趣向になってきて、

絵が面白いものが少なくなってきているし、

あの少し暗めのタッチでしっかりとした画風は、

ロシア・東欧独特なもの。

この伝統は続けてほしいと願うのは私だけでないはず。

 

これだけ希少な絵本を、一冊にまとめた

この本はささやかだけど情熱にささえられた労作だと思う。

 

この絵本で勉強したら

ロシア語が話せるようになるかもしれない。

と、ふと誰もいない場所でそっと呟いてみた。

(店主YUZO)

9月 26, 2011 ブックレビュー | | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

福田俊司著「シベリア動物誌」

Photo_4

個人的には岩波新書は好きである。

無骨な装丁と堅気な内容。

最終頁の「岩波新書創刊50年、新版の発足に際して」

と銘打った重々しい言葉までもがたまらないのである。

 

読みたい本が無い場合は、

とにかく岩波新書。もしくは晶文社の出版物に

何となく手が伸びてしまう私。

 

もちろんグラフィック社の本も(笑)

 

この本は岩波新書では、たまに発刊するカラー版である。

極東地域の豊かな大自然を写真に収めた美しい本である。

ちなみに「ハッブル望遠鏡が見た宇宙」も美しい本でした。

 

ロシアも日本と同様に森林豊かな国で、

森にはたくさんの動物や昆虫が暮らしている。

シベリアトラやアムールヒョウといった絶滅危惧種も暮らしている。

 

 

豊かな森はすべての生命の源なのだ。

 

そしてこの大自然に暮らすロシア人は何と逞しいことだろう。

トラを素手で生け捕って保護活動したり、

厳冬の中でカラフトマス漁の仕事に励み、

大声で歌い、笑い、泣いて、ウォッカを一気飲みする。

 

都会で育った軟弱者の私には、

とうてい生き残ることが不可能な世界が写し出されている。

 

最後に印象に残った一文。

「トラは心正しき者は襲わない。しかしトラをわなや鉄砲で狙うと、かならず復讐をうけて殺される」 

 

無益な争いはしない。

すべてに通じる言葉である。

 

(店主YUZO)

9月 24, 2011 | | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

石郷岡健著「ロシア最前線」

Photo_2

ロシアは広い国である。

そして意外に忘れているのは、他民族国家だということ。

 

モスクワに行くと実感するのだが、

スラブ系の白人だけしかいないと思っていたのが大間違いで、

私たちと同じ極東アジア系の顔がいれば、

中央アジア系の茶褐色で顔の彫りが深い人、

中東系の髯が似合う顔も大勢いる。

さすがにアフリカン系は見たことはないけども。

 

アメリカは人種の坩堝と言われるけど、

なかなかロシアもいろいろな人種が集まっているのだ。

だいたい、あれだけ大きな国で、ひとつの民族だけが、

住んでいるわけがない。

それでは狭い日本に住む私たちに不公平である。

 

また「ロシアは美人が多いでしょ?」訊かれるけれども、

「美人の割合は日本と一緒だよ」と

と答えるようにしている。

 

美人の定義や解釈は

個人の好みと美意識によるのことが大きいし、

断言してしまうのは、平和への道につながらないからね。

 

この本はソビエト崩壊後、あまり論じられることがない

コサックやタタール、クリミヤ地方、ロシア正教分離派教徒の生活を

ルポルタージュしたものである。

 

私に限らず日本人のコサック観といえば、

足腰が強靭でないと出来ないスクワットにも似た舞踊だし、

ロシア正教もイコン画を大切にしているぐらいの知識程度。

 

この本で記されている

スラブ系民族に対する諸民族の感情は、

とうてい理解できるようなものでない。

それはソビエトが支配した70年程度の歴史より、

さらに遡り脈々と続くから私こどきが理解できるはずもなく、

支配する側と支配された側の溝の深さだけが、

ずっしりと言葉としてくる。

 

この本で興味深かったのは、

ロシア正教分離派教徒の生活態度について。

日々の糧に神への感謝の気持ちを忘れない、

ラジオやテレビなどの退廃した文化は受け入れない、

質素で凛とした生活は、

物が溢れかえった日本では想像さえしにくい生き方。

 

しかし成熟した資本主義になった国に住んでいる身として、

つねに浪費と消費をし続けないと景気が悪いと、

騒ぎ立ててしまう狂乱した生活と比較すると、

どういう生活が人間らしい生き方なのかと、一考してしまう。

 

ふむふむ。 

哲学的な問題になってしまうね。 

まあ無理やりに結論付けると、

先日レビューした「ロシア・アンダーグラウンド」より面白い本です。

 

(店主YUZO)

 

9月 22, 2011 ブックレビュー | | コメント (0)

2011年9月21日 (水)

Eテレ「テレビでロシア語」終了

Photo

昨晩で「テレビでロシア語」の放映が終了した。

私はロシア語がほとんど話せない。

というより幼稚園児以下の会話力なので、

この番組は重宝している。

 

放映時間は毎週水曜日の0:00~0:25。

仕事で疲れたしょぼい眼を擦りながら、

「ダー」だの「ニェート」など諳んじていた半年間だった。

 

だいたい駅前の語学教室は、

英語が主力で、それから順に韓国語、中国語

スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語がと続いていく。

ロシア語を学びたい者にとっては、

実に日本は住みにくいのである。

 

これだから国どうしの交流が希薄なのかもしれないね。

 

ただ一言、意義申し立てを言わせていただくと、

この番組2009年からの再放送。

というよりもう4回目の再々再々放送。

 

その前に放映されるドイツ語講座は、

女優をつかって実に楽しそうに学んでいるし。

イタリア語もスペイン語も然りである。 

Eテレのなかでも

ロシア語への力の入れ具合の無さは歴然。

10月からも5回目の再×5放送ときた。

 

外国語を学ぶには、反復練習が一番大事、

基礎ができないかぎり応用もないのだよ。

と言われたら元も子もないが。

 

2012年は新たに番組をつくってくださいと祈りつつ・・・。

 

ちなみに「テレビでロシア語」前に流れる

「23:55」はユルユルとした癒しの番組で、

ハゼのトビーが見られるだけで一日が幸せになります。

毎日放映しています。

ご覧あれ。

 

(店主YUZO)

9月 21, 2011 店主のつぶやき | | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

M・ブレジンスキー著「ロシア・アンダグラウンド」

Photo

昔から古本屋と中古レコード屋を巡るのは好きである。

古い物だけが醸し出す空気と、時代に取り残されたような雰囲気が

体質に合うのか、中学生ぐらいから、

古本屋という看板があると躊躇することなく、

店の扉を開けてしまうのである。

 

最近は職業柄か背表紙にロシアという文字があると、

ついつい購入してしまう傾向にある。

 

ソビエト崩壊後、ロシアを論じた本は無数に出ていて、

渾身のルポルタージュから眉唾的ないかがわしいもの、

政治論やら軍事論といったサラリーマンのおじさんが好みそうなもの

そして伝統工芸やデザインといった私的にはストライクなもの、

とにかくソビエト時代は語られることが少なかっただけに、

ここ20年はロシアを語るのがトレンディなのかもしれない。

 

さてこの本の内容だけれども、

資本主義経済が怒涛のごとく流入し、濁流となり、

ロシア国民を渦に巻き込み、価値観の転換を迫られた時代、

その一方で金のなる木を嗅ぎつけて、

短期間に巨万の富を築く人々をルポルタージュしたもの。

 

市場経済だの、投資だの、株式だの、為替相場だの、

金の切れ目が縁の切れ目だの、

ほとんどの国民が理解できないなか

頭の良い人たちは、国営企業をいち早く私有化していって

欧米やヨーロッパから資金調達して巨大企業化させたらしい。

 

・・・らしいと書いたのは、本の内容が眉唾かということでなく、

自分にはこのたぐいは興味の無い話だからで、

金儲けをたくらむ人たちは、市場予測が早く、

行動が早いのだろうと、その決断力に感心するばかり。

自分に少しでもその才があればねぇと唖然とした面持ち。

 

この本でアルバート通りをこう記している。

「プラーガはモスクワでは有名なレストランで、アルバート通りの一番端にある。丸石が敷き詰められたその歩行者専用の大通りは、かつてプーシキンが住む優雅な青色の豪邸があったが、今は職人たちが、笑みを浮かべたエリツィンやクリントンのマトリョーシカ(入れ子人形)を売り歩いている」

 

ここ10年、アルバート通りは変わっていない。

(この本の出版は2001年)

 

その事実を知るために、400頁もあるこの本を、

かすれ眼を擦りながら、

読んでいたのかもしれないというのが読後感。

(装丁はロシアン・ア゛ヴァンギャルドな表紙で良いセンスだと思う)

 

(店主YUZO)

9月 20, 2011 ブックレビュー | | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

ダイエーでロックを考えた

Photo

今日、近くのダイエーに行ったときの話してある。

これといった欲しい物もなく、ただブラブラとしていたのだが、

(スーパーとはだいたいそういう場所だが)

突如、BGMにセックス・ピストルズの「God Save The Queen」が

流れたのである。

もちろん原曲ではなく、スーパーのBGM風にアレンジされた

ラウンジ・ミュージックとしてである。

 

この曲は1977年、エリザベス女王在位25年に合わせて、

イギリス王室に挑発的な罵声と悪態のかぎりをつくした、

謂わばパンクロックの代名詞のような曲。

この曲を発表を前後してメンバーが逮捕されたり、

レコード会社との契約が破棄される事態まで起きた。

 

そんないわく付きの曲が、30年以上も経つと、

「スターダスト」や「星に願いを」のようなスタンダードと同じ系列として

スーパーのソフトなBGMに成り果ててしまったのである。

 

時の流れというのは恐ろしい。

 

今回のBlogはロシアネタでも木工芸ネタでもないでないかと、

思われる方も多いかもしれないが、

もう少し辛抱して読み続けてくださいネ。

 

そのセックス・ピストルズは過激さゆえ、はては時代の寵児ゆえ

ファンの間では再結成はありえないと思われていた。

しかしそんな予想とは裏腹に何度も再結成ツアーをしている。

ボーカルのジョニー・ロットン曰く「金儲けのために」。

 

そして2007年にモスクワで公演しているのである。

 

イギリスにパンクの嵐が吹き荒れた時は、

ロシアはソビエト連邦だったころ。

イギリスの労働者階級の若者が、王室を批判したことは、

多少の評価はしていたかもしれない。

ただ西側の堕落した音楽としてロックは、

絶対に認めなかっただろう。

 

それがソビエトが崩壊して国の体制が変わって、

たくさんの大物のロックバンドがモスクワで公演するようになった。

 

しかも「金儲けのための再結成だ!!」

と嘯くロートルのロックバンドまで受け入れているのである。

 

時代の流れというのは本当に恐ろしい。

ふとダイエーの電球売場で思った次第である。

(店主YUZO)

9月 18, 2011 店主のつぶやき | | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

佐藤千登勢著「チェブラーシカ」

Photo

 

「木の香」のお客様でチェブラーシカを知らない方はいないと

思いますが、ロシアの国民的なキャラクターで、

日本で例えれば、どらえもん的な人気を誇る存在です。

判りやすいところではオリンピックの開催時、

色が変わったチェブラーシカが必ずマスコットとして登場します。

たとえば北京オリンピックでは赤いチェブ。

バンクーバーオリンピックでは水色のチェブという具合に。

 

最近、日本でもキャラクター使用権がクリアになったのか、

絵本やぬいぐるみだけでなく、

ご当地チェブ・ストラップやペンケースなどの

グッズが売られるようになりました。

日本のチェブは可愛くつくられ過ぎていて、

ちょっと?という感じですが

 

Dscf8194  

     (ご当地チェブストラップ。左が熊本県。右が東北・北海道)

 

日本でも少しづつ認知されきたチェブラーシカですが、

チェブラーシカ登場の歴史的な背景や、

社会学的に論じた本は、意外にないのが実情です。

 

これでは可愛いキャラクターという存在だけに終わってしまう。

・・・と勝手に危惧していたのですが、

上記の本が昨年出版されて、

もやもやした黒い雲の合間から光が差し込んだ感じでした。

(少し大袈裟か?)

 

ソビエトという国家体制時に生まれたチェブラーシカを通して、

作者ウスペンスキーは何を伝えたかったのだろう、

そしてソビエト崩壊後も、愛され続ける理由は何なのだろうと、

いろいろ考えていくと、この本の面白さも倍増します。

 

ブックレットタイプの63Pのたいへん読みやすい本です。

お気に入りのチェブは、誕生秘話を知るだけでも、

心がほっこりしますよ。

(店主YUZO)

9月 16, 2011 店主のつぶやき | | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

「こけし時代」が創刊されました!!

Photo  

敬愛する沼田元氣さん責任編集の雑誌

「こけし時代」が創刊されました。

日本の古き良き時代の香りがする

写真が郷愁を想い起してくれる素敵な雑誌です。

もちろん、こけしについても深く掘り下げて書かれていて、

愛好家も十分に満足すると思います。

 

今回の特集は『津軽』

津軽伝統こけしの工人の作品と人物紹介。

奈良美智さんのエッセイや

津軽の湯治場や温泉地の紹介もあります。

 

私は沼田元氣さんのこけしに対する熱く真摯な思いに、

くらくらと目眩を起こしつつ、ページをめくりました。

 

この雑誌には、電子書籍では絶対に表現できない世界が

しっかりと広がっている!

素敵だっ!

 

この雑誌は、鎌倉の「コケーシカ」と通信販売のみ扱いだそうです。

・・・・・もったいない。

 

もし「木の香」でも扱ってもらいたいという声がありましたら、

沼田元氣さんに交渉しようかと考えています。

是非とも「こけし時代」を取り扱って!!

扱わなければ、「木の香」の使命はいったい何なの!!

というお客様は、下記のフォームでその熱い思いをつづってください。

https://kinoka.woodburning.jp/contact/

 

5名以上の声がありましたら、交渉いたします。

よろしくお願いします。

(店主YUZO)

9月 14, 2011 店主のつぶやき | | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

有隣堂八王子店がちょっとだけリニューアル

Sh3e0058

「マトリョーシカ」本が出るので、

少しだけ展示商品を変更しました。

今回のテーマは、3個型。

リーズナブルな価格で、

もっとお客様にマトリョーシカを楽しんでもらおうと、企画しました。

Sh3e0057

黄色いマトリョーシカは、セミョーノフのマトリョーシカ。

となりの小さなマトリョーシカは、有隣堂初登場の

ベラルーシ共和国のマトリョーシカです

台座がないのがロシア製とのおおきな違いです

Sh3e0060

麦わら細工が施してあるのは、ノリンスクのマトリョーシカ。

こちらは7個型になります。

個人的には、麦わら細工のベストは、7個型だと思っています。

10個型や15個型を見たことがあるのですが、

突然、職人の人格が変わったような手抜きになっていました(笑)

Sh3e0059

有隣堂の社員にかわり、お待ちしています

(店主YUZO)

9月 9, 2011 展示会情報 | | コメント (0)

2011年9月 2日 (金)

全国こけし祭り IN 鳴子温泉

Photo

明日より、宮城県の鳴子温泉郷で「全国こけし祭り」が開催されます。

マトリョーシカの店だから、こけしは関係ないのでは?

と思うでしょうが、実はたいへん関係があるのです。

 

来年初めに、こけしの展示会を開催しようと企画していますし、

ウッドバーニング体験コーナーに

白木のこけしも加えようかとも考えています

 

スタッフ全員が沼田元氣さん責任編集の「こけし時代」も早々に買ったしね。

 

そういうわけで、スタッフの亜由美ちゃんが

未知なるこけしに巡り合うために、このお祭りに行ってきます。

来年あたりは、マトリョーシカにまじってこけしが並ぶ予定です。

お楽しみに。

 

「全国こけし祭り」の詳細は下記になります

震災の影響で、鳴子温泉郷も観光客が激変しているそうです

お時間ありましたら、ぜひ遊びに行かれてはいかがでしょうか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1000年を超える歴史を持ち、

日本に11種類ある泉質の内9種類もの温泉が湧出する鳴子温泉郷。

首を回すとキイキイと鳴ることで有名な鳴子こけしの産地としても有名です。

その鳴子温泉で開催される「全国こけし祭り」では、

鳴子だけではなく東北各地の技と美を伝える名工の作品が集まります。

祭り期間中はこけし製作の実演や

国の伝統工芸品に指定されている鳴子漆器の展示・即売の他、

フェスティバルパレードや太鼓、神輿など楽しいイベントが盛りだくさん!

街中が祭りムードに包まれます。

http://www.naruko.gr.jp/news/uploads/230902-04-kokeshimaturi.pdf

9月 2, 2011 店主のつぶやき | | コメント (0)