« M・ブレジンスキー著「ロシア・アンダグラウンド」 | トップページ | 石郷岡健著「ロシア最前線」 »

2011年9月21日 (水)

Eテレ「テレビでロシア語」終了

Photo

昨晩で「テレビでロシア語」の放映が終了した。

私はロシア語がほとんど話せない。

というより幼稚園児以下の会話力なので、

この番組は重宝している。

 

放映時間は毎週水曜日の0:00~0:25。

仕事で疲れたしょぼい眼を擦りながら、

「ダー」だの「ニェート」など諳んじていた半年間だった。

 

だいたい駅前の語学教室は、

英語が主力で、それから順に韓国語、中国語

スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語がと続いていく。

ロシア語を学びたい者にとっては、

実に日本は住みにくいのである。

 

これだから国どうしの交流が希薄なのかもしれないね。

 

ただ一言、意義申し立てを言わせていただくと、

この番組2009年からの再放送。

というよりもう4回目の再々再々放送。

 

その前に放映されるドイツ語講座は、

女優をつかって実に楽しそうに学んでいるし。

イタリア語もスペイン語も然りである。 

Eテレのなかでも

ロシア語への力の入れ具合の無さは歴然。

10月からも5回目の再×5放送ときた。

 

外国語を学ぶには、反復練習が一番大事、

基礎ができないかぎり応用もないのだよ。

と言われたら元も子もないが。

 

2012年は新たに番組をつくってくださいと祈りつつ・・・。

 

ちなみに「テレビでロシア語」前に流れる

「23:55」はユルユルとした癒しの番組で、

ハゼのトビーが見られるだけで一日が幸せになります。

毎日放映しています。

ご覧あれ。

 

(店主YUZO)

9月 21, 2011 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く