« 沼田元氣さんのお店「コケーシカ」 | トップページ | ロシアのスーパーマーケット事情(1) »

2009年11月 4日 (水)

「100%ORANGEのこけし展覧会」訪問記

昨日、夢を売る店「コケーシカ」で開催されている『100%ORANGEのこけし展覧会』に、

たかなしさんとカメさんのロシア仕入れトリオで行ってきました。

291

開催2日目とあって店内は、たくさんのお客様で賑わっていて、なかなか入ることができない。

ガラス越しに見えるLittle.buddaマトリョーシカは、まるで大仏印の白黒最中のようで可愛い。

それでもすべて手描きだから、Little.buddaも、

悟りを啓いた顔であったり、穏やかな表情であったり、少し眠たげであったり。

眺めているだけで心が和み、気がつけば3人とも、Little.budda表情に。 

292

2階から沼田元氣さんに声をかけられ、展示会場へ。

「!!!!!!」

293

ガラスケースには、すべてウッドバーニングされたこけしが、

ゆる~い眼差しで、こちらを見つめている。

以前、100%ORANGEさんにウッドバーニングを試してもらったとき、

「このボソボソとした線が、ペンとは違ってとても良いです」と言っていたけれども、

ここまで気に入ってくれたとは! 

「これだけの数をつくるのは、たいへんだったでしょうね」

「最後はお店で徹夜でしたね」と涼しい顔で沼田元氣さん。

もっとマイペンが作業性のよいものだったら、徹夜せずに済んだのにと、

申し訳ない気持ちになった。

こけしの数は、ぜんぶで99体あって、ほとんど売約シールが貼られている。

着物の柄や顔が違っていて、どれひとつとして同じものがなく、

すべての作品に愛情が感じられる。

制作にいたっては、胴体のぐるりとした輪は、

ターンテーブルで回しながら付けたという徹底ぶり。

294

初日は、店の外にお客様が並び、入場制限をしたそうだ。

それは当然でしょう。

こんなに可愛いこけしちゃんを目の前にしたら、

帰りたい気持ちなど失せてしまうしね。

また白い壁に飾られたマトリョーシカとこけしのリトグラフ作品が、とてもキュート。

こちらも見逃せません!

295

そのあと沼田元氣さんとロシアの話に花を咲かせたり、

たかなしさんが作ったマトリョーシカ作品を見てもらったり、

とても楽しい時間をすごしました。

たかなしさんは憧れの沼田元氣さんに作品を見てもらったので、

帰りが、雲のうえを歩いているようにフワフワした足取りだったのが印象的。

296

100%ORANGEさんのこけしがこんなに揃うことはないと思うので、

ぜひ見に行かれることをお勧めします。

11月いっぱい開催しています。 

(つづく) 

11月 4, 2009 店主のつぶやき |

コメント

コメントを書く