« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

沼田元氣さんのお店「コケーシカ」

8月16日にオープンした沼田元氣さんのお店「コケーシカ」紹介です。

281

この店名の「コケーシカ」という名前は、こけしとマトリョーシカを合わせた言葉で、

ロシアの工芸品と日本のこけしを愛する沼田元氣さんならではの造語。

しかも言葉だけでなく、実際にこけしの生産地である宮城県鳴子と、

マトリョーシカの生産地であるロシアのセミョーノフに、

マトリョーシカとこけしを掛け合せたオリジナルの人形をつくらせているのが、

行動する芸術家・沼田元氣さんのスゴイところ。

282

そのコケーシカは、入れ子型のこけしという単純なものでなく、

こけしなのに手が描いてあり、表情もこけしのニヒルさとマトリョーシカの愛らしさを合わせた、

お澄ましをした顔が、何とも可愛らしい。

また箱や包装紙までデザインしていて「日露友好お土産」、

「日本の伝統こけし&露西亜の伝統マトリョーシカの交流 スーベニイル」

と書いてあるのが泣けてくる。

「木の香」もこういう日露の架け橋となるような仕事をしたいよねと思う次第。

その「コケーシカ」で

新潮文庫の「Yonda?パンダ」のイラストで有名な100%ORANGEさんの作品展

100%ORANGEのこけし展覧会」が開催されます。

そして、何と!

沼田元氣さんの取り計らいもあって、ウッドバーニングされた作品も展示されるそうです。

晩秋の鎌倉散策を愉しみながら、展示会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

手作りのもの好き!こけし好き!マトリョーシカ好き!

そして何よりも可愛いものが好きという乙女は、

この展示会を見過ごしたら、絶対後悔すること間違いなし!

もちろん、乙女ではないオッサンの私も行きます!!

283

場所:夢を売る店「コケーシカ」

住所:鎌倉市長谷1-2-15  ☎0467-23-6917

期間:20091031日~1130
営業日:金・土・日・月・祝日 11:0018:00

     江ノ電・由比ガ浜駅を下車して鎌倉文学館のひとつ前の小道を右に曲がって、

  100mほど歩くと右手にあります。

(次回「コケーシカ」訪問記へつづく)

http://www.100orange.net/

100%ORANGEさんのHP

10月 31, 2009 店主のつぶやき | | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

新シリーズ始まります!

9月末よりロシアへ仕入れに行ってきました。

相変わらず、ロシア語の上達度は、かたつむりの行進程度で、

新たに覚えたのは「注意してください!(アスタロージナ)」と

Let’s go的な意味の「ダバイ」という言葉のみ。

こんなレベルで、よく商談ができるものだと楽天的な性格の自分に感心しきり。

261

ただ難読のキリル文字が少しは読めるようになって、

地下鉄もモスクワっ子並みに乗りこなせる?ようになったのは、偉大なる前進か。

というか、元々鉄道好きだった私は、路線図を頭に入れるのは得意なだけで、

本当に読めているのかは定かではない。

(そうそう、小生は乗リ鉄という輩です)

今回一緒に旅行したのは、お土産姫の異名があるたかなし姫と、

私の楽天的な性格を5倍に濃縮したような先天性道楽家であるカメさん。

272

たかなし姫は1年ぶりのロシアだけに、新しいマトリョーシカに出会えるのと、

何をお土産に買っていくのか、ノートに一覧表を書いて行く前から悩んでいる。

273

仕入れでは、紙粘土のマトリョーシカを無傷で入れることを

最優先課題として、我ら忠臣に命令する。

ゆえに紙粘土マトリョーシカを如何にして運搬するか、熱い議論が日夜交わされることに。

274

カメさんは、日本に長期間いると鬱病になってしまうとう奇病の持ち主で、

都心に遊びに行くようにロシアやインドネシアにふらりと出かけてしまう人。

この旅行の1ヵ月前にも、ロシアに行っていているのだから、

どれだけロシア好きなのか、

もしくはロシアの塩分・糖分・脂肪分が多い余分3兄弟的な食事が好きなのか。

知り合ってから、もう10キロ以上も太っている。

そんな3人だけに、いつも以上に内容の濃い仕入れができました。

今回は仕入れ話も然ることながら、ロシアの食卓についても書いていきます。

少しでもロシアが身近で親しみのある国になることを願って。

(つづく)

10月 30, 2009 店主のつぶやき | | コメント (0)