« マトリョーシカの聖地(2) | トップページ | すごいぞ!ロシアの高村光雲 »

2009年6月26日 (金)

ロシアで高村光雲に出会う

211_2

次はボゴロツカヤへ(発音が間違っているかもしれない)

セルゲイ・パッサードから、車でさらに西北へ1時間ほど行った村で、

ここでは素朴なおもちゃを製造している。

その素朴なおもちゃとは、

板の下に丸い球が糸で吊るしてあって、

それをぐるぐると回すと、板の上にある熊の人形の手足が動き、

スキーをしたり、釣りをしたり、絵を描いたり、踊ったりするもの。

動きがユーモラスなのが微笑ましいが、

単純すぎて30分も遊ぶことはできない。

212_2

モスクワ郊外に出ると感じるのだが、日本のように山々が連なることはなく、

どこまでも森林と草原が続き、ときどきダーチャと思われる集落がある程度だ。

ボゴロツカヤも同様で、こんな所に工場あるのかというような場所に、

ひっそりと佇んでいる。

ここでは工場見学も重要な収入源なのか、

博物館が併設されていて、そちらへ通される。

マトリョーシカ工場よりは、きっちりと整理されていて、

美しい女性が説明についてくれる。(これは重要です)213_2

「ボゴロツカヤの歴史は……」

と丁寧に説明してくれ、それをニコライさんが訳してくれるのだが、

元々講義を聞くのが苦手な性格に加えて、

昼食時にニコライさんとウォッカを1本空けてしまったため、

ふわふわとした気分で女性の顔ばかり見ている。

ニコライさんも同様で、意味不明の日本語を連発しだし

「今日は実に楽しい。ロシア人と熊は、昔から仲良しです」

と陽気になっている。

(つづく)

6月 26, 2009 海外仕入れ |

コメント

コメントを書く