« 番外編 ロシアのりんご | トップページ | 姫のご乱心INスーベニール・ショップ »

2009年3月25日 (水)

姫のご乱心INスターバックス・コーヒー

ニコライバさんと別れたあと、ニコライさんは私たち以上に興奮している様子。

132_2

「わたしは、マトリョーシカはお土産にすぎないと思っていました。

しかし今日、ニコライバさんの作品を見て変わりました。

あれは芸術品です!

ロシアに住んでいながら、日本にいるあなた方に教わるとは恥ずかしい限りです」

ニコライバさんの作品が認めてもらえるのは我が事のように嬉しいけれども、

自分たちまで褒められるのは恥ずかしい。

まだ時間が4時を少し回ったところなので、

たかなしさんの希望で、アルバート通りに買い物に行くことにした。

アルバート通りは、モスクワの原宿通りといった場所で、

お土産屋をはじめ、レストラン、カフェ、衣料品屋などが並び、

さらには屋台が出たり、大道芸をやっていたりと、

モスクワ一番の繁華街だ。必ず旅行ガイドには載っているせいか、

物価は少し市内よりは高め。

そこにスターバックス・コーヒーがオープンしたので、どうしても行きたいらしい。

133

スターバックス????

日本に戻ったらいくらでもあるのに何故と思ったものの、

アルバート通りのウィンドーショッピングは、

木工芸品を扱う店もたくさん並ぶので、仕入れの参考にとても役立つ。

ちなみにロシア全土にはスターバックスは、

わずか2店舗しかなく、その2店舗ともアルバート通りにある。

どういう市場調査に基づいているのだろうね?

相変わらずの渋滞をくぐりぬけ、ようやくアルバート通りに到着。

着くやいなや、たかなしさんはカップやタンブラーが並ぶ棚へと走り、

棚にあるタンブラーを全部買おうととする。

134

「姫!ご乱心を!」

ニコライさんと私が制止するのも聞かず、

よろよろとタンブラーを抱えながらカウンターへ向かうたかなし姫。

「姫!ご乱心を!」

131

「だって、だって、マトリョーシカの絵柄がついているんだよ。

ロシアではここでしか売っていないんだよ!!」

「そんなに買ったら、スーツケースに入りきりませんぞ。15個も買い過ぎです!!」

私の強い口調で、はっと我に返った姫は、5個だけ買うことで、

何とか昂ぶった気持ちを落ち着かせることができたようだ。

「本当にマトリョーシカがお好きなんですね」

ニコライさんは半ば呆れ顔で、

カウンターに並んでいたロシア人も苦笑いしている。

タンブラーを買うとコーヒーが一杯サービスになると聞き、

とりあえず一服。しかしコーヒーの量がハンパなく多い。

レギュラーサイズとはいえ、ゆうに500mlはある。

いくら外が寒いからっといって、物事には適量というものがあるはず・・・・。

135

猫舌の私は、カップに唇を近づけることさえできず、

姫は袋からタンブラーを出してはご満悦な表情を浮かべている。

そのなかで、姫のマトリョーシカ好きは量りかねるといった複雑な顔のニコライさん。

コーヒーで温まったところで、さらに姫のご乱心が続くとは知る由もなかった。

(つづく)

3月 25, 2009 海外仕入れ |

コメント

コメントを書く