トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

前向きにロシア語

3_3

 本当にこの発音でいいのかな?という疑問さえ抱くことなく、カタカナ・ロシア語を復唱する。だいたいж、ф、дのような文字は、苦手だった化学記号か、宇宙から暗号のようにしか見えない。

32

おはよう=ドゥブラェ・ウートラ。

会社に着くなり、誰かれ構わず挨拶する。みんな怪訝そうな顔をするが、とりあえず日本語でおはようと応えてくれる。(うちの会社は人が良いのです)

語学は恥ずかしがっていては覚えられないんだよと肝に銘じながら。

「さよなら=ダスビダーニャは、ナスビダニャ~と覚えれば良いって、誰か言っていたよね」

「言っていた、言っていた」とあくまでも前向き。

 そして覚えたてのロシア語を、知り合いのロシア女性のところに話にいく。

オリガさんは優しい人で、仕事の手を休めて、ふたりのカタカナ・ロシア語を発音が良いとほめてくれる。そして簡単な挨拶文を教えてくれる。

「それだけわかれば大丈夫よ!!だいたい日本人は東京の地下鉄を乗りこなしているんだから!」と激励の言葉。

 東京の地下鉄は、ロシア語級の複雑さなのか!?

(つづく)

12月 29, 2008 海外仕入れ | | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

まだ見ぬマトリョーシカに会いたい

Photo

今マトリョーシカが静かなブームらしい。

最近、町中でマトリョーシカ柄のバックやポーチを見かけるし、雑誌で特集が組まれたり、三谷幸喜マトリョーシカのCMまであった。(渋いところでは、千葉銀行のポスターにも使われていた)

おかけさまで4月に仕入れたマトリョーシカは、ほとんど売り切れ。

お客様からは次回の仕入れの際は、このマトリョーシカを探してくださいと写真を渡されたり、いつでも良いからと予約が入ったり。自分自身もマトリョーシカを知るにつれ、その奥深さに圧倒され、実際にこの目で確かめたいことも出てきて、ロシアに行かなければの思いが強くなってきた。

先回の仕入れから半年しか経っていないが、半ば強引に会社から承認を得て行くことになった。「木の香」内では、日本では5本指に入るマト・コレクターと囁かれているたかなしさんを伴って。

……と書いていくと、ロシア通の二人だと思われそうだが、実はロシア訪問は、今回で2度目。まったくロシア語が話せない二人なのである。

せめて挨拶と数字ぐらいは話せないといけないなと、薄っぺらな旅行用ロシア語会話を片手に発音する二人。今の自分たちにあるのは、まだ日本に紹介されていないマトリョーシカに出会いたいという情熱と、先のことは考えない能天気な行動力なのである。

(つづく)

12月 22, 2008 海外仕入れ | | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

新しくブログが始まります!

1

このたびホームページ開設にあたり、新たにブログを始めることになりました、店主のYUZOです。

店に出ていますと、よくお客様からマトリョーシカ、くるみ割り人形、象嵌細工のこと、木工の技法についての質問をよく訊かれます。またロシアはどんなところですか?というようなことも。

「木の香」を始めてから、ようやく3年目。実は木についての知識は学ぶことの方が多く、お客様に話しているのは、差し障りのないことばかりなのです。

このブログでは、仕入れの体験談や工房を訪問したときの話などを綴って、少しでも木工芸の楽しさや奥の深さが伝わればと思っています。(自分の勉強も含めて)

手づくりの物が大好きなお店にふさわしく、写真は極力つかわずにと考え、イラストはたかなしさんが担当します。文もイラストも素人のふたりですが、よろしくお願いします。

さて最初の話は10月初めに行ったロシア仕入れ旅について書こうかと思います。

お楽しみに。

(つづく)

12月 4, 2008 店主のつぶやき | | コメント (0)