2016年7月 9日 (土)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(16)

  709

ようやくセミョーノフに入った。

セミョーノフの中心部にむかう路には、

電柱毎にホフロマ塗りの看板が並び、

長い旅路を経てきた私たちを出迎えてくれる。

見落としてしまったのかもしれないが、

セミョーノフ産のマトリョーシカの看板がない。

その原因は、あとから知ることになるが。

 

 

ロシアの夏の日照時間は長く、

5時だというのに昼間のような日射しが照りつけている。

砂埃が舞う白茶けた道と

陽に照らされて精気を失いつつある野草に夏を感じる。

ロシアの夏というと、

避暑地のような涼しい気候を想像するだろうけど、

実際は盆地や内陸地のように、

首筋や背中にじわりじわりとくる暑さなのだ。

 

ただ蝉が喧しく鳴くことがないのでしんと静かである。

7091


 

「到着!」

コブロフさんが豪華客船の船長のように高らかに告げると、

同乗者全員が労をねぎらって思わず拍手。

家の前でエンジンの音が止まったのを聞きつけたのか、

すぐにコロトコフさんが巨体を揺らして、

玄関から飛び出してきた。

 

待っていたぞと言わんばかりに、

まずはコブロフさんと抱擁を交わし、

次にチェリパシカ氏とも抱擁。

コロトコフさんもチェリパシカ氏もお互いに巨漢なので、

千秋楽の大一番を観戦しているようで、

思わず笑ってしまう。

次に私と抱擁。華奢な私の体つきでは、

新弟子が関取に稽古をつけてもらっているように

見えるに違いない。

7093


   

「コロトコフさんの髭、痛くなかった?」

長旅で凝り固まった身体をほぐしながら、

チェリパシカ氏が私に耳打ちする。

誰もが再会を喜び、自然と笑顔になる。

私はお盆の里帰りのようで、

家のまわりの風景や扉でさえも懐かしく、

穏やかな心持になっている。

大げさだが、髭の痛みさえ懐かしい。

 

「まずはバーニャ(サウナ)の用意をするからな」

コロトコフさんは、

話したいことが山から零れ落ちそうなぐらいあるようで、

車から荷物やプレゼントをおろすのを急かしてくる。

 

今宵も愉しいことがありそうだと、私はひとりごちである。

 

 

※写真はゴロビジェッの伝統的な布人形。

 顔がない人形もロシアではポピュラーです。

 子どもの想像力を育てるためだとか。

 

 次回の更新は7月9日です。

 

(店主YUZOO)

 

 

 

7月 9, 2016 海外仕入れ | | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(15)

  1


そしてさらに進むこと、1時間余り。

コブロフさんが言っていた橋に元に辿り着いた。

そこで眼にした母なる大河ヴォルガは、

日本人的な箱庭的視覚で見れば、

瀬戸内海のような海であり、

それ以外の言葉は見当たらない。

決して誇張ではない。

 

東京ドーム何個分というような中州が点在し、

白い波柱が岸辺に押し寄せて飛沫を上げ、

向こう岸が霞むほどに湛えた大いなる水の流れは、

押し合いへし合い北へ北へと驀進している。

渦巻いている。

中州を領地として譲り受けたら、

自らを一国一城の主と名乗ってしまいそうである。

それほどにスケールが大きい。

 

私の半世紀近い人生のなかで、

対岸が霞むほどの大河を眼にしたことはなかった。

中学生の時に和歌山の新宮市で見た

熊野川が一番の記憶である。

それでもその時分は、こんな大きな川があるのかと、

悲しいほどに深い感銘を受けたのだ。

ヴォルガ河と比べると、地味な記憶である。

  2

私は大きな樹木や山脈といった自然がつくりあげた

創造物を眼にすると、

不覚にも眼頭が熱くなる性分なので、

言葉にならない感動に包まれながら、

ロシアの大地の懐の深さに驚愕し、

己の存在の矮小さに恥じつつ、

熊野川と同様に感嘆の声を上げるしかなかった。

 

当然のことながら、長旅の倦怠感は消えている。

チェリパシカ氏もナッツを食べるのに

忙しかった口も、静止したままだ。

ヴォルガ河は大型の輸送船や観光船が行きかうのだろう。

錦帯橋のように橋の中心部が

小山のように盛り上がっていて、

上り坂の時はゆっくりと進み、

ジェットコースターのような気分になり、

頂点にさしかかるなり、ぱっと景色が広がると、

滑り降りるように下っていく。

一瞬眼にする、

深緑の大地とヴォルガ河とのコントラストが美しい。

 

「すごいね」

「まったく」

「日本にはない景色だね」

「まったく」

  3

15分ほどの時間が過ぎ、

車はセミョーノフがある対岸にようやく辿りついた。

ヴォルガ河のスケールの大きさに圧倒されたまま、

ふと気がつくと車の揺れでナッツの袋が踊り出して、

ズボンが粉だらけになっている。

 

もちろんこの景色を見た後では、

そんなことは取るに足らない出来事であるが。

 

 

※写真はゴロハビッツ博物館の展示品

 ゴロジェッツとは違います。

 次回、更新は7月9日です。

 いよいよ終盤です。やれやれ。

(店主YUZOO)

7月 6, 2016 海外仕入れ | | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(14)

1
 

(写真はニジノヴゴロドから見たヴォルガ河。

渡った橋のある場所は、この倍ぐらいの広さはあった?)

 

さらに6時間ほど過ぎただろうか。

コブロフさんが

「今回は前とは違う橋で、ヴォルガ河を渡るよ」

と後部座席に座る私たちの方に振り返ると、

やや運転に疲労困憊した顔で告げた。

 

前回、セミョーノフ来訪時に、

大型トレーラー数台と観光バスの玉突き事故かあり、

そこに一般車が巻き込まれるという

大惨事に遭遇した苦い思い出があるからだ。

母なる大河ヴォルガには、

それほど多くの橋が架かってはいない。

 

迂回する手立てもなく、忍耐強く待つこと3時間。

疲れを通り過ぎ、睡魔が襲ってくるような段になって、

ようやく一台分が通れる程度に道が開通し、

のろのろと車が動き始めた。

しかしそれだけの大事故なのに、

交通整理に警官が出動するでもなく、

砂時計に吸い込まれる砂のように車が集中し、

さらなる悲劇を生むことになった。

 

ロシアという外国ゆえ、運転を代わるわけにもいかない。

頭を充血させて運転を続ける

コブロフさんを見つめながら、

神のご加護がありますようにと、

無事にセミョーノフに辿り着くことを願ったのも、

塩辛い記憶である。

 

コブロフさんの言うところの渡る橋を変更すれば、

事故に遭遇しないかという考え方は、

確率的にいえば同じなので成立しないけれども、

人間の記憶から見れば、正しい選択である。

手痛い経験は、なかなか記憶から消えないものである。

  2
(ニジノヴゴロドのロープウェー。

観光客だけでなく生活移動の手段としても使われている。

対岸まで10分ぐらい)
  

 

ということで前回の

ニジノヴゴロドからセミョーノフに架かる橋を渡らずに、

さらに北上したところにある橋が選ばれた。

 

残念ながら、どの町に架かっている橋なのか、

今現在失念しまっている。最近、物忘れが酷いのは、

すべての原因はアルコールの妖精の悪戯なので、

お許し願いたい。

 

 

次回の更新は7月6日になります。

 

(店主YUZOO)

7月 3, 2016 海外仕入れ | | コメント (0)

2016年6月30日 (木)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(13)

  1
         (写真:スズダリで遭遇した結婚式)

そして忽然と大きな町が目の前に出現し、

コブロフさんからウラジミールの町だと告げられる。

ガイドブックでは「黄金の環」を代表する場所として、

旅行者に人気の町。

 

ロシア語で「世界を征服せよ」と、

いささか物騒な名前だが、

町全体は中世の面影を残した穏やかな表情をしていて、

ロシアを代表する寺院や建物が点在している。

モスクワとは高速鉄道で結ばれていて、

この地域の中核都市の顔も持ち合わせている。

喧騒と歴史が交差している町でもある。

 

個人的には同じ「黄金の環」を代表する

もうひとつの顔、スズダリのほうが好みでなのだが。

スズダリには、幾多の玉ねぎ帽子の寺院が川面に佇み、

ゆらゆらと水面に揺れる様が美しく、

中心部では特産物であるハチミツ酒や土産物の露店が、

街路樹のしたに涼しげに並んでいる。

時の流れが凪いでいる町である。

 

誤解を承知のうえで喩えるならばウラジミールは京都で、

スズダリは鎌倉といった風情を漂わせている。

ツアーでも「黄金の環」を訪ねる企画がいくつもあるので、

もしロシアに行く際には、

私のふたつの町を見る眼が節穴か、

蜻蛉の眼か確かめてください。

たぶん虫食った節穴だと思うけれども。

   4


ウラジミールを過ぎてしまうと、

以前と同様の原野と白樺の林が続き、時おり、

季節柄ラベンダーの広大な

紫の絨毯が眼に飛び込んでくる。

富良野で目の当たりにしたのならば、

私も若い女性のような甲高い黄色い声をあげただろうが、

映画のエンドロールを眺めるように、

放心のまま頷くだけである。

 

広大なる原野、無限なる倦怠、

純白なる忘却、聖なる隠遁。

あたまのなかで様々な形容詞と名詞が結びついて、

この眼下の風景を言葉に表そうと試みるが、

どの表現も的を得ていないようで、無に帰してしまう。

 

ナポレオンやナチス帝国が、いかなる理由で、

この人間の生活を拒む大平原を手中に入れたいと

欲したのだろうと、不謹慎なことさえ考えてしまう。

 

 

※次回は7月3日に更新します。 

 

(店主YUZOO)

6月 30, 2016 海外仕入れ | | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(12)

3


いよいよ、セミョーノフへ出発である。

セミョーノフは天竺よりも遥か彼方にあり、

彼の地で開催される民族際は、民芸蒐集家が憧れる、

言わずと知れた桃源郷。

 

共にセミョーノフへの巡礼の旅にむかうのは、

コブロフ夫妻と愛娘のパリーナちゃん。

マトリョーシカ博物館の学芸員という

輝かしい経歴をもつナターシャ女史。

そしてチェリパシカ氏と私の日本人二人組。

 

コブロフさんの家からセミョーノフへは

直線で800kmぐらいあるのではなかろうか。

東京から岡山ぐらいの距離といったところである。

ロシアの地図で見ると、

消しゴム程度のほんの数センチに過ぎない。

  2


車は一路セミョーノフを目指し

ひたすら駆け抜けていくのだが、

窓から見える風景は、どこまでも続く原野と白樺の森、

ときおり小高い丘があって、鬱蒼とした森が現れる。

つまりは、寝ても覚めても、

たいして変わり映えのしない風景が永遠と続くのである。

 

しかし注意深く車窓を眺めていると、

森のなかに一軒だけある廃墟のような

家の煙突から煙が上っていたり、

見渡すかぎりの大平原のなかを

独り黙々と歩く老人がいたり、

詩的な想像を掻き立てられるような風景を

見つけることができる。

 

ロシア人は巡礼者や世捨て人に、

ある種の憧憬と畏敬が抱いているといわれるが、

これらの風景は、そのロシア的心情を、

習慣として具現化したということなのか。

とりとめのない思惑が現れては消え、消えては現れる。

 

たまに日本人憧れのダーチャ(別荘)の集落があると、

初めて海を見た少年のように無邪気な歓声をあげて、

ついつい無口になりがちな自分を奮い立たせてみる。

 

「ダーチャだよ!ダーチャ!」

 

チェリパシカ氏の反応は限りなく透明で

思考の半分は夢の世界に浸かり、

半分はガソリンスタンドで買った

ナッツを食べるのに使われている。

 

※次回、更新は6月30日です。

(店主YUZOO)

6月 27, 2016 海外仕入れ | | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(11)

   Photo_2


そのあとスキューバーダイビングの愉しさについて

熱く語るうちにユーリーさんは、今度小笠原を再訪するときは、

みんなで一緒に行こうと言いだしはじめた。

小笠原は天国に一番近い島である。

穢れのない無垢の海である。

小笠原の伝道師として、

その想像を絶する美しさについて説いていく。

 

しかし言葉が熱気を帯びるものの、

私はその熱さがコブロフさんやチェリパシカ氏に

伝染しなければと祈るばかりだった。と言うもの、

私は金槌がおもりを背負っていると断言していいほど、

水泳は大の苦手なのである。

河童の遺伝子は流れていないのである。

Photo



ふと作業場の隅に目をやると、試作のチェブラーシカが、

窯に入れられる前の状態で置いてある。

大きさは20cmほどで、ユーリーさんの筆ならではの

愛くるしさとユーモアに満ちている。

来年の買付の際には完成品を拝むことができるかと思うと、

大海で溺れている自分の姿も忘れ、少し気分も和んだ。

世界の海を潜るのを生涯の趣味とし、

仕事は遮二無に作品づくりに没頭する。

コブロフさんもそうなのだが、私が知り合うロシア人は、

仕事と遊びのバランスが絶妙で、気持ちの切り替えが上手く、

人生の楽しみ方を熟知している。

比較すると、私は仕事の比重が大きく、バランスが悪い。

残念ながらロシア人にはなれまい。

 

(店主YUZOO)

4月 12, 2016 海外仕入れ | | コメント (0)

2016年3月15日 (火)

TOKYO FMで木の香が紹介されています

  Photo

TOKYO FMの朝の番組、

住吉美紀さんの「Blue Ocean」のコーナー「銀座美人」で

月曜日から金曜にわたって、

木の香の魅力を紹介してもらってます。

時間にしては9:45~9:50ぐらい。

ぜひ朝の仕事始めに聞いてはいかがでしょうか。

 

番組の内容としては、

ロシアの魅力やマトリョーシカのことなど

いろいろと聞いていただき、

なかなか奥深い内容になったと自負しています。

ただ私の鼻声が公共電波に流れるのは

恥ずかしい限りなのですが。

住吉美紀さんは和服姿が似合う美しい方でした!

下記が番組のホームページです。

http://www.tfm.co.jp/bo/index.php?catid=1091

(店主YUZOO)

3月 15, 2016 店主のつぶやき | | コメント (0)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(10)

12_image

ユーリーさんは小笠原以外にも、沖縄、アメリカ西海岸、

地中海を巡り、海中遊泳を楽しんでいるようで、

その時々の思い出の写真を見せてくれた。

各国の友人と並んで笑顔で写るユーリーさんがいて、

親交の篤さがしのばれ、自ら遊びに訪れたというより、

親善大使で呼ばれたという雰囲気さえ漂っている。

 

 

「(第6の耳が聞いた感じでは…)また小笠原に行きたいね。サンゴ礁も魚の群れも色鮮やかで何時間見ても飽きないよ。それに太平洋に沈む夕陽の美しさといったら!あれこそ、地上の楽園。至福の時というものだ」と言って目を細めた。

 

 

小笠原に行くには東京の日の出桟橋を出航して、

丸一日以上かかる。

それに毎日運航されているわけではない。

休暇をとってロシアから行くとなると、

小笠原に着くのに3日以上、滞在日を考慮すると、

最低2週間程度は必要となる。

 

ましてヴィザやバウチャーを申請しに、

片田舎のグジェリからモスクワに

何度か行く労力を考えるとなると、

よほどの情熱がなければ、小笠原に行こうとは思わない。

小笠原は地図上に存在するだけの

幻の島々と思ったほうが、諦めがつくというものである。

それに海のないグジェリで、どうやって

スキューバーダイビングの技術をマスターしたのだろう。

  15_105733_image


そこには海で囲まれた国に住む人間にはわからない、

ロシア人特有の意志の強固さと、

海に対する計り知れない憧れがあるのではないか。

以前にコブロフさん夫妻が日本に来たときに、

葛西臨海公園から見える海やマグロが泳ぐ水族館に

歓喜の声を上げる姿が印象に残っているし、

ロシアの歴史も外洋に出るための

都市や港の建設が中心だったといえなくもない。

サンクトペテルブルグしかり、ウラジオストックしかり。

Photo


「小笠原ねぇ」ふと呟いてみた。

ふだんは気にも留めなかった場所に楽園があるといわれても、

日常に追われて目前にあるものしか

見えなくなっている私には、

ある種の気恥ずかしさと一抹の淋しさに包まれた。

まだ目にしたことのない光景に対して

憧憬を抱かなくなっている自分に対してである。

 

自分の陶芸作品を自慢するより、

小笠原の自然を熱く語るユーリーさんに嫉妬してしまった。

 

コブロフさんは

小笠原が東京都内という事実を信じられない様子で、

東京の面積はどれだけあるのだと訊いてくる。

どう説明してよいのかわからない私は、

船で行けるところすべてが東京だと答えていた。

 

 

※写真の猫は本文とは関係ありませんが、

 ロシアで出会った心優しき猫たちです。

 

(店主YUZO)

 

3月 15, 2016 海外仕入れ | | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

買付おやぢはセミョーノフをめざす(9)

 2

 

「せっかくだから俺の工房を見に来ないか」

とユーリーさんが言いだした。

こういうお誘いの場合、飲み会の鉄則同様に、

迷った時は行くが基本なので、

肩を組むようにして先を歩く

ユーリーさんとコブロフさんの後を、

日本人の二人がついていく。

 

工房は二階建てバスのような巨大な窯が

いくつも並ぶ先にあり、

近未来都市に迷い込んだ気分になる。

ユーリーさんの工房は、本人には悪いけれども、

想像では、ウォッカの瓶が転がり、

壁や机は塗料で黒ずんでいる光景だったのだが、

きれいに整理されていて、

一人暮らしの女子大生の部屋のよう。

(入ったことはないけれども)

 

水着姿の女優のポスターが大きく貼られ、

艶めかしい目線でこちらを見ているのが、

少し気になる程度で、ユーリーさんの人気作品、

チェブラーシカやムーミン一家が愛らしく机にならんでいる。

 

Photo

「オガサワラヲシッテイマスカ?」

 

ユーリーさんが笑顔で訊いてきた。

オガサワラ?

私が知っているかぎり、ロシア雑貨を扱っている店で、

そんな名前はないし、知合いもいない。

思い浮かんだのは、日本ハム、巨人、

中日で活躍した左の強打者だけである。

 

もちろん私は知っているけれども、

小笠原選手は私のことなど知っているわけがない。

グジェリの名工ともなると、

日本のプロ野球事情にも精通しているのか。

広いロシア、様々なことに興味を持つ人いるものだと、

ひとり納得。

 

ただ残念なことに、野球というロシア語がわからない。

私はバットを振る真似をして「オガサワラ?」

とユーリーさんに返してみた。

ユーリーさんは怪訝そうに首を振り、

軽やかに両手を上下に振ってみせる。

 

私の真似が下手だから通じないのだと思い、

小笠原選手のようにフルスイングして、

遥かか彼方にあるライトスタンドを眺めてみた。

しかしユーリーさんは同じく首を振り、両手で上下に振る。

もう一度バット。首を振って手を上下。またまたバット。

首振り、手の上下。

 

そんな若手漫才師風のやりとりを星の数ほどした末に、

ユーリーさんはふと思いついたのか、

女優のポスターの下に置いてあった地図を手に取った。

その地図には小笠原諸島が載っていた。ということは、

ユーリーさんの手の上下は足ヒレをイメージしていて、

スキューバーダイビングを表現していたのだ。

 

二人ともゼスチャーゲーム失格である。

 

(店主YUZOO)

 

 

3月 11, 2016 海外仕入れ | | コメント (3)

2016年3月 8日 (火)

今日は国際婦人の日

201603081001500001


今日、38日は『国際婦人の日』。

ロシアでは祭日となり、女性に感謝する日となっている。

感謝する相手は恋人にかぎらず、母親、お婆ちゃん、

働く女性などすべての女性が対象で花束を贈るのが、

慣例となっている。

古いソビエト時代の絵ハガキを見ても、

チェブラーシカが花束を抱えているものがあったり、

雌鶏のまわりにヒヨコが集まっているのがあったり、

女性に対する敬愛に満ちたものが多い。

 

この『国際婦人の日』は、

アメリカで起こった婦人参政権の抗議デモ、

ロシアでは帝政ロシアが倒されるきっかけとなった

二月革命に端を発しているという。

それだけに当初は革命を祝う色が濃かったが、

時が経つにつれて赤い色から華やかな色へと変化して、

現在のような花束を贈るスタイルに定着したようである。

 

日本では女性に花束を贈る習慣がないので、

もしこの祭日が近づいたならば、

日本男児の唇が青ざめて喧々諤々となるのを想像できるが、

ロシア男児は、この日でなくても気軽に花を贈るので、

緊張した面持ちで花屋の店先に佇むことはない。

うらやましいかぎりである。

 

ただロシア男児が花屋の前で佇む理由があるとすれば、

それは財布の中身であろう。3月初めのロシアは零下で、

早春の足音は聞こえず、鮮やかな花々が咲き乱れる季節は、

だいぶ先のことである。

近隣諸国から輸入された、

文字通り高嶺の花しか店先に並んではいない。

その凛とした花々と薄い財布を交互に見つめながら、

どれを買えば安っぽく見られず、

相手に喜んでもらえるのだろうと苦心している。

さらにプレゼントまで買うとなると…。

 

本日、ロシアの花屋の前には、

ドストエフスキーのような風貌の男児たちが、

一輪の花を巡って、どうやって

真実の愛を伝えようかと苦悩しているはずである。

 

 

(店主YUZO)

3月 8, 2016 店主のつぶやき | | コメント (0)